スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第62回】決算手続(18)「貸借対照表と損益計算書」

じっくり簿記 3級
【第61回】決算手続(18)  「貸借対照表と損益計算書」



こんにちは。たいちろうです
今回は、簿記の最終目的である「貸借対照表(BS)」と「損益計算書(PL)」について説明します。

BSとPLは今までの解説で何度も出てきたと思いますが、それらはあくまで仕訳がどのようにBS,PLに反映されるかを理解していただくために、簡便的に表示してきたものです。

正式な貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)は、形式が少しだけ違います。
ただし、形式が違うだけで実質的には今まで解説で使用してきた簡便的なBS,PLと変わりはないので、すぐに理解できると思います。

例として、前回(第61回)使用した精算表をもとにPL,BSを作成してみます。
まず、前回の精算表を再掲いたします。
第62回1


ここからPL,BSを作成するのですが、端的に言うと、この精算表から「損益計算書」の欄と、「貸借対照表」の欄を抜き出すだけです。
第62回2


まず、精算表からPL(損益計算書)を抜き出すと以下のようになります。
第62回3




基本的には、精算表の「損益計算書」の欄の科目と金額をそのまま抜き出しただけです。
ただし精算表における「仕入」が、PLにおいては「売上原価」になっています。

売上原価の計算の際に、「売上原価は「仕入」勘定を使って算定すること」というパターンがありましたが(第57回参照)、それはあくまで決算整理手続きにおける科目であり、最終的なPLでは売上原価は「売上原価」という科目を使用します。

上記の正式なPLを、あえて今まで表示してきた簡便的なPLに置き換えて表示すると以下のようになります。
第62回4


形式が違うだけで、内容は全く一緒であることがわかると思います。

次に、BS(貸借対照表)について、精算表の「貸借対照表」の欄から抜き出してみます。
第62回5



こちらも基本的には精算表の「貸借対照表」の欄から抜き出しただけです。

ただし、「繰越商品」「貸倒引当金」「減価償却累計額」は精算表の表記が異なります。

・「繰越商品」は「商品」になっています。
・貸倒引当金は、売掛金に対して将来貸倒れが発生すると見込まれる金額であるため、「売掛金のマイナス項目」となっています。(第49回参照)

・減価償却累計額は、建物等の固定資産に対する今までに発生した減価償却費の累計であるため、発生原因となる「固定資産(この例の場合は建物)のマイナス項目」となっています。(第18回参照)


上記の正式なBSを、今まで表示してきた簡便的なBSに置き換えて表示すると以下のようになります。
第62回6




こちらも形式以外に変わりはないと思います。
ちなみに、「当期純利益」がBSの「純資産」の欄にありますが、これはPLの当期純利益と一致します。

PLで当期の収益から費用を引いた利益を計算し、それがBSの純資産に蓄積されていきます。(これが一般的な経済ニュース等で言われる、「内部留保」と呼ばれるものになります)

今回は以上となります。
基本的には精算表(=決算整理後の試算表)からBS,PLの部分を抜き出すだけです。


次回は、最後の手続きとして「帳簿の締め切り」を解説いたします。

↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ

「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html
スポンサーサイト

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

たいちろう

Author:たいちろう
簿記検定に合格するための講座です。
簿記の仕組みを理解して覚えられるように、じっくりと説明していきます。

相互リンク募集中!お気軽にご連絡下さい!


ご質問は以下のアドレスにお願いします。
jikkuri_boki@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。