スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第4回】 仕訳~簿記の根幹~

じっくり簿記 3級


【第4回】「仕訳~簿記の根幹~」





3級 第4回 仕訳~簿記の根幹~

こんにちは。たいちろうです。

前回までに、簿記の手続きのゴールである、PLとBSについて説明しました。
今回は、そのBSとPLを作るためのツール、「仕訳(しわけ)」を説明したいと思います。

仕訳は簿記の学習において、重要な手続きです。
仕訳を使いこなせるようになるには、とにかく慣れが必要です。何度も何度も仕訳を切って体に覚えさせましょう。
(仕訳を行うことを、「仕訳を切る」と表現します。仕訳をする際に伝票の冊子を切ることが語源のようです)


仕訳とは
仕訳とは、取引を帳簿に記入することです。
現実に起こった事実(取引)を、(簿記を知っている人であれば)誰もが一目でその内容を理解できるように、簿記のルールにそって記入します。


以前、BSとは何か、PLとは何かを説明する際、例題などで「建物を購入した」「商品を仕入れた」とか、「商品を売上げた」という取引があったかと思います。
その個々の取引を記録する行為が「仕訳」なのです。
そして個々の仕訳が積み重なり、最終的にBSやPLができます。

それでは、実際の仕訳を見ていきましょう。


例題4-1
以下の取引を仕訳で表しなさい
株式会社Aは現金2,000万円を支払い、建物を購入した。



例題4-1 解答  建物 2,000 / 現金 2,000 (単位:万円)



この解答にあるものが「仕訳」というものです。

真ん中に「/」(スラッシュ)を挟み、その左に「建物」、右に「現金」という言葉とともにそれぞれ2,000(万円)という金額が書いてあります。

簿記を知っている人がこの仕訳を見れば、「建物を現金2,000万円で買った」ということが一目でわかります。
(なぜ建物が左側にあって、現金が右側にあるかは後述します)
 
この仕訳を見ると左側(建物)と右側(現金)というように、この1つの取引が

「建物を取得した」 「会社の現金が減った(対価を支払った)」

という2つの事実で構成されていることがわかります。
このように1つの取引を複数の事実に分解して記録することが仕訳なのです。
 
先程から、仕訳の「左側」あるいは「右側」という言い方をしていますが、簿記では左側と右側を表すものとして別の呼び方があります。

簿記では左側のことを「借方」(かりかた)右側のことを「貸方」(かしかた)と呼びます。


ただ、借方は左、貸方は右というのは意識して覚えなくとも、簿記の全ての場面で、本当に100%の場面で出てくるものなので自然に覚えます。
慣れるまで、どちらが借方でどちらが貸方か戸惑うこともあると思いますので、それまでの覚え方として以下の図を参照にして下さい。




か「り」かた(借方)の「り」は矢印が左を向いているので左側
か「し」かた(貸方)の「し」は矢印が右を向いているので右側

わからなくなったらこのように思い浮かべてください。


なぜ「左側」「右側」ではなく、「借方」「貸方」と呼ぶのかは諸説あります。
一説によれば、福沢諭吉がアメリカの簿記の本を翻訳した際に、そのように訳したことからはじまっているそうです。
また、明治に銀行で簿記を採用する際に、銀行から見てお金を「借りる方」、銀行にお金を「貸す方」という分類で左右に分けていた、という事情もあるそうです。


ともあれ、現代の簿記においては借方と貸方は、それぞれ左側と右側を表すという以上の意味はありません
「借りる」とか「貸す」という漢字から、お金の貸し借りに関わる内容を連想してしまうかもしれませんが、全く関係ないので気にしないようにしましょう。


さて、例題の解説に戻ります。

建物 2,000 / 現金 2,000

という例題の仕訳について、なぜ建物が借方(左側)にあって、現金が貸方(右側)にあるかを説明します。
それを理解するには、今まで学習してきた、BSの項目の配置を思い出す必要があります。

BSでは、資産は左負債は右上純資産は右下でした。

今回説明した借方・貸方という言葉を使うのであれば、資産は借方負債と純資産は貸方ということになります。

これらの項目の配置を今一度、認識してください。

BS(貸借対照表)
第二回①
(借方)           (貸方)


例題の仕訳で使用されている「現金」と「建物」は資産、すなわちBSの借方にあるべき科目です。


たとえば、例題の前提条件として、株式会社Aが現金2,000万円のみを資産として持っている会社だとしましょう。
その場合のBSは次のようになります。(負債、純資産の項目は省略します)


             (借方)              (貸方)   (単位:万円)



このように、現金という科目は資産に属するものなので、現金は借方に入ります。
つまり今、BSの借方(資産)に現金2,000万円がある状況です。


ここから、例題4-1の「株式会社Aは現金2,000万円を支払い、建物を購入した」という仕訳を上記のBSに反映させてみます。

解答の仕訳 (借方)建物 2,000 / (貸方) 現金 2,000


まず、この仕訳の借方の「建物2,000」という部分に着目します。
建物は資産、すなわちBSの借方に属する科目です。



              (借方)              (貸方)

BSの資産に建物2,000が追加されました。

次にこの仕訳の貸方の「現金2,000」という部分に注目します。
先ほど、現金は資産、すなわち借方にあるべき科目であると説明しました。

しかしこの仕訳では現金が貸方に発生しています

この仕訳のように、その科目があるべき側(借方or貸方)とは反対側に発生した場合、その科目が減少したことを表します。

              (借方)              (貸方)

すなわち、資産(借方に属する項目)である現金が貸方に出ている仕訳というのは、現金の減少を表しているのです。


仕訳を反映させた、最終的なBSは以下の様になります。

第四回⑥
(借方)            (貸方)


現金が減少して0になり、建物2,000万円だけが残りました。

 (借方)建物 2,000 / (貸方) 現金 2,000

という仕訳は、貸方は「現金を2,000支払ったこと」を表し、借方は「建物を2,000で取得したこと」を表しているのです。


この仕訳のように、仕訳の借方と貸方の合計金額は必ず一致します。
この仕訳では借方・貸方それぞれに一つずつしか科目が入っていませんが、複数の科目が入る仕訳もありますので、借方の合計額と貸方の合計額が一致しているか、確認する必要があります。
(具体的な例は後の回で説明します)


ちなみに、BSやPL、仕訳などにおける「現金」や「建物」といった名称を表すものを
「勘定科目(かんじょうかもく)」と呼びます。(単に「科目」とも呼ばれます)


今まで、「現金」と「建物」という科目が資産であるという前提で話を進めてきましたが、どういった科目がBS、PLのどの項目(資産、負債、純資産、収益、費用)に属するものなのかは、たくさんの仕訳を切り、多くの科目を見ることで覚えていくほかありません。


それでは実際に仕訳にチャレンジしてみましょう。
問題文を見て頭で仕訳を思い浮かべられるのであれば、それで大丈夫ですが、慣れるためには紙に仕訳を書いたほうが良いと思います。


練習問題4-1 以下の取引を仕訳で表しなさい
株式会社Bは2,500万円の現金借り入れを行った。

使用する科目:現金(資産)、借入金(負債)


練習問題4-1 解答  (借方) 現金 2,500 / (貸方) 借入金 2,500 (単位:万円)



例題では現金も建物も資産でしたが、本問では「借入金」という負債の項目が出てきました。
借入金は負債なので、貸方に属する項目となります。

この取引は「現金(資産)が2,500万円増加した」という事実と「借入金(負債)が2,500万円増加した」という事実で構成されています。

まずは現金2,500万円が増加したという事実について、現金は資産、すなわち借方の項目であるので、増加したということを表すためには、仕訳の借方に記載します。

(借方) 現金 2,500 /(貸方) (後述)

そして、借入金2,500万円が増加したという事実について、借入金は負債、すなわち貸方の項目であるので、増加したのであれば、仕訳の貸方に記載します。


(借方) 現金 2,500 / (貸方) 借入金 2,500

これで仕訳が完成しました。問題の解答としてはこれで終わりですが、この仕訳がBSにどう影響するのかを解説いたします。

まず、問題文の取引を行う前のBSを作成してみます。
(BSを作成するため、前提として株式会社Bの資産は現金500万円のみ。負債は本問の借入金以外に無いこととします)


株式会社B BS (単位:万円)

(借方)            (貸方)


前提より、資産は現金500万円で負債はありません。純資産の情報はないため省略しています。

ここに、解答の仕訳

(借方) 現金 2,500 / (貸方) 借入金 2,500

を反映させます。

まず、借方に現金2,500万円とあるので、BSの借方の現金に2,500万円を足します。

第四回⑧
(借方)            (貸方)


元々あった500に、新たに借入れた2,500を合わせて、現金の残高は3,000万円になります。

次に、仕訳の貸方に借入金2,500万円とあるので、BSの貸方に2,500万円を足します。
借入金は負債の項目なので、BSの負債の場所に記入します。

第四回⑨
(借方)            (貸方)


これで問題の仕訳がBSに反映されました。

このBSから、この会社は現在、現金3,000万円を所持していて、その内2,500万円は借入が元手である、という財政状況がわかるようになります。


問題の解説は以上ですが、一歩進んで、ここからこの会社が借入金を500万円だけ返済した場合、どうなるかを考えてみましょう。

借入金を500万円、現金で返済した場合の仕訳は。

(借方)借入金 500 /(貸方) 現金 500

となります。

資産(借方項目)である現金は増加する時は仕訳の借方に記載していましたが、減少しているので、逆の貸方に記載されます。

一方で、負債項目(貸方項目)である借入金は増加する時は仕訳の貸方に記載していましたが、減少しているので逆の借方に記載されます。

これにより、「借入金が500万円減少する」「現金が500万円減少する」という事象が仕訳として記載されました。


この仕訳をBSに反映させた場合、以下のようになります。

まず、借入金が仕訳の借方に記載されており、(負債は増加したら貸方に足す項目なので、借方に出たら減少したという意味を表すため)貸方からマイナスします。

第四回⑩
(借方)            (貸方)


このように、借入金の残高が2,500から500減少して、2,000(万円)となっています。

そして現金が仕訳の貸方に記載されており、借方項目である現金のマイナスとして、BSからマイナスします。

第四回⑪
(借方)            (貸方)


これが、借入金を500万円だけ返済した株式会社Bの財政状況となります。
(現金2,500万円を所持していて、その内2,000万円は借入が元手である、という状況)


仕訳の原理は理解できましたでしょうか。

BSとPLの中の項目を借方・貸方に分類すると以下のようになります。

BS
借方項目:資産
貸方項目:負債、純資産

PL
借方項目:費用
貸方項目:収益


その科目がどの項目に属するのかということ、
そして、仕訳においてその科目が属する項目と同じ側に記載されれば増加、逆側に記載されれば減少を意味する、ということが理解できるようになれば、仕訳の原理を理解していると言っていいでしょう。


例えば、現金という科目は資産に属するものなので、仕訳において資産と同じ側(借方)に記載されれば増加、資産の反対側(貸方)に記載されれば減少を意味する、ということです。

現金の増加の仕訳
(借方)現金 100/(貸方)  (省略)

現金の減少の仕訳
(借方)(省略) /(貸方) 現金 100


以上、簿記の根幹をなす手続きである「仕訳」とは何か、その概要を説明しました。
そろそろ皆様も簿記のややこしさを感じてきていると思います。

どうやって仕訳を切ればいいのか、仕訳を切った結果、BS、PLがどうなるのか等をイメージできず、簿記の学習から撤退する方は多いです。

もし、今回の講座を読んでもいまいちピンと来ないのであれば、以下の3点だけ覚えてください。

・取引を帳簿に記入することを「仕訳(しわけ)」という。具体的には勘定科目と金額を記入することである。
・仕訳は、左側と右側に分けられており、左側のことを「借方」、右側のことを「貸方」と呼ぶ。
・仕訳の借方の合計と貸方の合計は必ず一致する。


これだけです。他の設問などは、仕訳の概念の理解を助けるための補足ですので、読んでも理解できなければ飛ばしてください。
3級講座を最後まで見終わった時に、もう一度この回を読んでいただければ、簡単に理解できると思います。


ちなみに本講座においては、仕訳がどのようにBS(およびPL)に影響するのかをイメージしやすいように、解説でBS(PL)を表示していますが、実際の仕訳においては、いちいちBSやPLを作成する必要はありません。
仕訳イメージが沸かないときだけ、BSやPLのボックス図を書いて、仕訳を当てはめてみると良いでしょう


次回より、様々な種類の取引に関する仕訳を説明していきます。
仕訳の種類が多く、すぐには覚えきれないかもしれませんが、仕訳が切れなければ簿記検定は絶対に合格できません。
何度も反復して仕訳を切って覚えましょう。

【補足】仕訳の説明で「真ん中にスラッシュ(/)を挟み」と述べましたが、スラッシュを入れないこともあります。
借方と貸方に分かれて、それぞれ科目と金額が記入されていれば仕訳となるのです。

↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ



「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html
スポンサーサイト

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たいちろう

Author:たいちろう
簿記検定に合格するための講座です。
簿記の仕組みを理解して覚えられるように、じっくりと説明していきます。

相互リンク募集中!お気軽にご連絡下さい!


ご質問は以下のアドレスにお願いします。
jikkuri_boki@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。