スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第52回】決算手続(8)「有価証券評価損益」

じっくり簿記 3級
【第52回】 決算手続(8)  「有価証券評価損益」




こんにちは。たいちろうです。

なかなか更新できず、申し訳ございません。
簿記3級の最後まで頑張って完走させたいと思いますので、どうか最後までお付き合いください。

今回は有価証券の評価に関するPL科目である「有価証券評価損益」について解説します。

有価証券の時価評価について
有価証券評価損益は、有価証券を時価評価した際に発生する科目です。
時価評価とは、売買目的有価証券の簿価(BSに載っている額)期末日の時価に修正することです。

(「売買目的有価証券」そのものについては第15回および第16回をご参照下さい)

例えば、株式を100万円で購入したとします(現金で支払)。

(借方) 売買目的有価証券 100 / (貸方)現金 100 (単位:万円)


BSは以下のようになります。
第52回1
(単位:万円)


決算を迎えた時点で、この株式の価値が120万円になったとします。
(現在の時点での価値が120万円であるという状態のことを、「時価120万円」と表現します。有価証券の論点において、この「時価」という言葉は頻出ですので、覚えておいて下さい)

価値が120万円あるということは、資産として120万円のものを保有していることになります。

しかし、BSには株式(売買目的有価証券)は100万円しか計上されていません。

(再掲) BS
第52回2


このままだとBSは正しい財政状態(120万円の資産を保有していること)を表していないことになります。

よって、期末日の資産の状況(株式120万円)を正しく表すために、有価証券を時価に修正する仕訳を計上することになります。

時価評価の仕訳(簿価100万円の売買目的有価証券が期末に120万円になっている場合)

売買目的有価証券 20 / 有価証券評価損益 20

この仕訳を計上することでBSの売買目的有価証券は120万円となり、期末時の時価を正しく表すことになります。(下記BS参照)
第52回3



一方でこの仕訳の貸方の「有価証券評価損益」はPLの科目です。
この科目は「損益」という名の通り、損失(費用)でも収益でもあります。


具体的には、有価証券評価損益が仕訳の借方に計上された場合は費用仕訳の貸方に計上された場合は収益となります。

PLの形を思い浮かべればどっちの場合が費用で、どっちの場合が収益なのかはすぐに覚えることができると思います。

(参考 PLの区分)
第52回4


上記の例、

売買目的有価証券 20 / 有価証券評価損益 20

の場合、有価証券評価損益が貸方に計上されているので、収益となります。
第52回5



ちなみに、このように売買目的有価証券の価値が20万円増加したことを、「評価益 20万円」とも呼びます。


例題52-1
以下の取引の仕訳を行いなさい。
期中に100万円で取得した株式(売買目的有価証券)について、期末の時価が80万円であった。


例題52-1 解答
有価証券評価損益 20 / 売買目的有価証券 20 (単位:万円)



100万円であったはずの株式が期末時には80万円になってしまった、という状況です。
つまり、20万円分価値が減少(「評価損」と呼びます)してしまったということになるので、売買目的有価証券が20万円分減少(貸方に計上)します。


この仕訳を切ることにより、BSの売買目的有価証券の計上額は80万円となり、期末の時価を正しく表すようになります。
第52回6


そして、その相手科目として有価証券評価損益を借方(費用)に計上します。
第52回7


ちなみに、問題によっては「有価証券評価損益」ではなく、
「有価証券評価」「有価証券評価」という科目を使うこともあります。
(問題文に指示もしくはヒントが提示されます)

・借方(費用)に計上されるときは「有価証券評価損」
有価証券評価損 20 / 売買目的有価証券 20
第52回8


・貸方(収益)に計上されるときは「有価証券評価益」
売買目的有価証券 20 / 有価証券評価益 20
第52回9




となります。


以上で有価証券評価損益の解説を終わります。

以下、今回のまとめです。

・期末において、売買目的有価証券を時価評価する仕訳を切る必要がある

その仕訳は

評価益 ( 時価 > 簿価 )の場合
売買目的有価証券 ×× / 有価証券評価益 ××

評価損 (時価 < 簿価 )の場合
有価証券評価損 ×× / 売買目的有価証券 ××


となる。

次回は、今回の「有価証券評価損益」がPLに計上されいる理由について、簡単に説明しようと思います。

↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ

「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html
スポンサーサイト

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たいちろう

Author:たいちろう
簿記検定に合格するための講座です。
簿記の仕組みを理解して覚えられるように、じっくりと説明していきます。

相互リンク募集中!お気軽にご連絡下さい!


ご質問は以下のアドレスにお願いします。
jikkuri_boki@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。