スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第45回】決算手続(1)概論

じっくり簿記 3級
【第45回】 決算手続(1) 概論



こんにちは。たいちろうです。

とうとう決算までやってきました。
この手続きが理解できれば、簿記3級の学習は終了となります。

この決算手続は、簿記の手続きの中でも最後の締めとなるものであり、これができていなければ正しいBSやPLが作成されないため、非常に重要な手続きです。


簿記検定でも、この決算手続きだけでかなりの配点がされており、100点満点中の30点、多いときは60点分の配点がされることになります。

つまり、決算手続きができなければ、簿記検定に合格することはできません。
そして、決算手続きができなければ、簿記の知識を実際に業務や、確定申告などの実務で生かすことはできません。


今回は決算手続とは何か、決算手続きの大まかな流れを概論として解説します。

決算手続とは
決算手続とは、期末にBSとPLを作るための手続です。

1年間(例えば4月1日から3月31日まで)事業を営んで、期中の取引についてすべて仕訳を切ったとしても、それだけではBS、PLは作れません。

決算手続をすることで、BSが作成され、どんな資産が何円あって、後で支払わなければいけない負債が何円あるか(財政状態)が確定します。(下記 BSの例)

第45回1


また、決算手続をすることでPLが作成され、今年1年の売上が何円で、費用が何円で、売上から費用を差し引いた、利益が何円あるのか(経営成績)が確定します。(下記 PLの例)

第45回2



今までの解説では、仕訳を理解して頂くために、取引ごとにBSやPLを表示していましたが、本来、そのように取引ごとにBS、PLを作成することはありません。

通常、決算は年に1度、年末に行うのみです。

ただし、財政状態や経営成績の管理のために自分の好きなタイミング、例えば毎月末ごとに決算を行い、BS、PLを作成することも可能です。

簿記の手続き全体の流れ
取引について、仕訳が切られ、集計されて最終的にBS、PLになるまでの大まかな流れは以下の通りです。
この流れが頭に入っていると、決算手続を理解しやすくなります。
なお、下記の流れの(3)以降は、これから学習する内容です。

(1)仕訳を切る
取引が発生したら、仕訳帳(第31回参照)、又は伝票(第42回参照)に仕訳を記帳する。

第45回3

(2)科目ごとに集計
仕訳を科目ごとに集計して総勘定元帳(第32回参照)を作成する。
(例 売掛金の総勘定元帳)
第45回4


(3) (決算整理前)試算表を作る
総勘定元帳で集計した科目ごとの金額を一覧にした「試算表」を作成する。

第45回5


(4)決算手続き
期末に必要な決算手続を行う。

(5) (決算整理後)試算表を作る

第45回8


(6)BS、PLを作成する

第45回6


第45回7


今回の解説は以上となります。

次回以降、上記の(3)以降のそれぞれの手続きを解説していきます。


↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ

「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html
スポンサーサイト

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

たいちろう

Author:たいちろう
簿記検定に合格するための講座です。
簿記の仕組みを理解して覚えられるように、じっくりと説明していきます。

相互リンク募集中!お気軽にご連絡下さい!


ご質問は以下のアドレスにお願いします。
jikkuri_boki@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。