スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第43回】帳簿(13)「伝票(2)」

じっくり簿記 3級
【第43回】 帳簿(13)「伝票(2)」




こんにちは、たいちろうです。

前回は、伝票を使用する方法として、「3伝票制」と「5伝票制」があること、そして3伝票制で使用する3種類の伝票(入金伝票、出金伝票、振替伝)のうち、入金伝票と出金伝票について説明しました。

今回はまず、3伝票制の「振替伝票」について説明いたします。

振替伝票
前回説明した、入金伝票と出金伝票は、

・入金伝票⇒お金が入ってくる取引を記録する伝票
・出金伝票⇒お金が出ていく取引を記録する伝票

という使い方をしました。

今回説明する「振替伝票」は、お金が入ってくる取引、お金が出ていく取引以外の取引を記録する伝票です。

以下、振替伝票のフォーマットです。
第43回1


このフォーマットを見ればわかると思いますが、この振替伝票は、今までやってきた「仕訳」をそのまま記入するだけです。

経理において、「伝票」とか「仕訳の伝票」というと、たいていこの「振替伝票」のことを指します。


例題43-1
以下の取引について、伝票を起票しなさい
平成26年4月10日に商品1,000円分を掛けで売り上げた。



例題43-1 解答

第43回2

商品1,000円分を、掛けで売り上げた、とのことなので、仕訳は

売掛金 1,000 / 売上 1,000 

となります。

そして、仕訳を見て、現金預金が借方にも貸方にもないことがわかるため、入金伝票や出金伝票では対応できない、すなわち振替伝票を使うことがわかります。

伝票の記入については解説は不要だと思います。(振替伝票は、仕訳をそのまま伝票に記入するだけであるため)


練習問題43-1
以下の取引について、伝票を起票しなさい
平成26年5月1日に商品3,000円を仕入れ、対価は掛けとした。


練習問題43-1 解答

第43回3


仕訳をそのまま記入するだけなので、解説は省略します。


現金の取引がある場合の振替伝票
振替伝票は入金と出金以外の取引を記録する伝票です。

先の例題や練習問題の仕訳

売掛金 1,000 / 売上 1,000

仕入 3,000 / 買掛金 3,000


のように、現金預金が出てこない取引を振替伝票に記入することになります。

では、代金の受け渡しについて、一部を現金で、残りを掛けにした場合はどのようにすればよいでしょうか。

以下の例題を通して解説します。



例題43-2
以下の取引について、下記の①、②の2通りの方法で伝票を起票しなさい。
平成26年4月10日に商品1,000円分を売り上げた。
代金は400円を現金で、600円を掛けとした。

①取引を分ける方法 ②全額を掛けにした上で、すぐに現金で決済されたとみなす方法


例題43-2 解答
①取引を分ける方法
第43回4

第43回5



②全額を掛けにした上で、すぐに現金で決済されたとみなす方法


第43回6

第43回7



まず①取引を分ける方法 について説明します。
売上1,000円の代金について、400円を現金で、600円を掛けとした、とあるので、仕訳は

現金 400 / 売上 1,000
売掛金 600 /


となります。

この仕訳を、伝票に記入するために、2つに分解します。
すなわち

現金 400 / 売上 1,000
売掛金 600 /


という仕訳を

現金 400 / 売上 400
売掛金 600 /売上 600


とします。(売上1,000を、400と600に分けました)

こうすれば、

現金 400 / 売上 400

という仕訳について、入金伝票(下記)が起票できますし、
第43回8


売掛金 600 /売上 600

という仕訳についても、振替伝票(下記)が起票できるようになります。
第43回9


②全額を掛けにした上で、すぐに現金で決済されたとみなす方法については、本来の仕訳である、

現金 400 / 売上 1,000
売掛金 600 /


について、いったん、全額(1,000円)を掛けにしたと考えます。

売掛金 1,000 / 売上 1,000
第43回10


その上で、その内400円を現金で回収した、という仕訳を切ります。

現金 400 / 売掛金 400
第43回11


こうすれば、結果として

現金 400 / 売上 1,000
売掛金 600 /


の仕訳を切ったと同じことになります。


今回は以上となります。

要点は以下の通りです。

・「振替伝票」は、入金、出金以外の取引を記入するもの
・振替伝票には、仕訳をそのまま記入する
・仕訳が入出金と、そうでないものが混ざっていたら、
①仕訳を分割する
②いったん全額、掛けにしたとみなして仕訳を切り、その上で入金があったとみなす。



次回は5伝票制を説明いたします。
次回でようやく、帳簿が終わることとなります。お疲れ様でした。
その次からは、簿記の最重要論点である「決算手続き」となります。


なお、来週土曜日(1月3日)は年始のため、更新をお休みさせていただきます。
次回の更新は1月10日となりますのでご了承ください。



↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ

「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html
スポンサーサイト

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

たいちろう

Author:たいちろう
簿記検定に合格するための講座です。
簿記の仕組みを理解して覚えられるように、じっくりと説明していきます。

相互リンク募集中!お気軽にご連絡下さい!


ご質問は以下のアドレスにお願いします。
jikkuri_boki@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。