スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第35回】帳簿(5)「商品有高帳 (先入先出法 その2)」

じっくり簿記 3級
【第35回】 帳簿(5)「商品有高帳 (先入先出法 その2)」



こんにちは、たいちろうです。

前回は、商品有高帳の先入先出法について、その概念(先に入ったものから先に払い出すという流れ)を説明しました。

今回は実際に商品有高帳への記帳をしていこうと思います。

問題を解きながら学習したほうがわかりやすいため、解説を見て記帳方法を理解してください。


例題35-1以下の取引について、商品有高帳を埋めなさい。(当月は4月である)
なお、商品Aについて前月からの繰り越し分が1個120円で2個ある。

[1]4月1日に、商品Aを100円で2個仕入れた。
[2] 4月2日に商品Aを1個あたり200円で3個売り上げた。
[3]4月3日に商品Aが1個返品されてきた。(4月2日の売上分)



(参考:商品有高帳フォーマット)
第35回1



例題35-1 解答


第35回2


4月1日の行(前月繰越)
・まず、前月から残っている在庫を「前月繰越」として「受入」の「数量」「単価」「金額」に記帳します。
(「金額」は数量×単価、つまり 2個×@120円=240円 となります)

「残高」も「受入」と同じになります。

第35回3


[1]4月1日の行(仕入)
・100円で2個仕入れた、とあるので「受入」にその旨を記帳します。

・「残高」は前月繰越の@120円×2個および、[1]4月1日に仕入れた@100円×2個をそれぞれ別の行に記入します。
先に仕入れた方(前月繰越の分)を上、後に仕入れた方([1]4月1日仕入分)を下にします。
第35回4


[2]4月2日の行(売上)
・売上により3個払い出されたため、在庫の中で先に仕入れたものから払い出ししていきます。
つまり、先に仕入れた分(前月繰越分@120円)から2個、その次に仕入れた分([1]4月1日仕入分@100円)から1個を払い出します。

ちなみに売上の単価(200円)は、商品有高帳には関係ない情報であり、記載しませんので引っかからないように留意して下さい。

・「残高」の欄には、残った在庫([1]4月1日仕入分@100円×1個)を記帳します。

第35回5

[3]4月3日の行(売上戻り)
・[2]4月2日に売上げた商品が1個返品されたため、仕入れた時と同様に「受入」の欄に記帳します。
(払出の欄に、赤字でマイナスの個数を記帳することもあります。問題文の指示に従ってください)

返品のときは、払い出したとき([2]4月2日)の在庫の中で、後から仕入れた方が返品されてきたと考えます。

[2]4月2日の払い出しは、前月から繰り越した2個(@120円)と、4月1日に仕入れた1個(@100円)で構成されています。

よって、後から仕入れた方、つまり4月1日の仕入分(@100円)が返品されてきたと考えます。

よって「受入」の「単価」は「100」となります。
第35回6


次月繰越
・月中の取引をすべて記入したら、最後の取引日の残高を、「次月繰越」として「払出」の欄に転記してください。

また、「受入」/「払出」の「数量」と「金額」を合計した行を作り、「受入」と「払出」の数量・金額が一致していることを確かめます。

そして、合計行の下に二重線を引いて、今月の帳簿を「締め切った」こと(これ以上記帳しないこと、これで今月の帳簿が完成していること)を示します。

第35回7


ちなみに、当月(4月)の「次月繰越」は、翌月(5月)の「前月繰越」に転記することになります。

第35回8



<参考:商品在高帳の記入方法>
先入先出法においては、在庫が入ってきた順番がわかるように、在庫の仕入ごとに行を分けて記入します。
その記帳方法について、本稿では下記(黄色部分)のように記載しました。

記帳例 A
第35回9


しかし、黄色の部分について、上記の例とは違う記帳の仕方もあります。

記帳例 B
第35回10


記帳例 Aでは、4月1日の仕入を記帳する際に、前期繰越の単価@120円の在庫についてもあらためて記帳しています。

記載例 Bでは、前期繰越の在庫を省略して、4月1日の仕入のみを記帳しています。

検定試験の場で、もし与えられた解答用紙のマスが足りない、という場合はこのような記載を求められている可能性もあります。




先入先出法による、商品有高帳の記帳は以上となります。

・前月から引き継いだ残高を「前月繰越」として「受入」に記帳する。
・先に仕入れたものから先に払い出される。
・単価が違うものは、行を分けて記入する。(先に仕入れたものが上、後に仕入れたものが下)
・月末の残高を「次月繰越」として「払出」に記帳する


ということを理解していれば、問題文の指示通りに記帳していくだけで完成します。



次回は、もう一つの記帳方法、「移動平均法」により商品有高帳の記帳方法を解説いたします。


↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ



「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html
スポンサーサイト

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

たいちろう

Author:たいちろう
簿記検定に合格するための講座です。
簿記の仕組みを理解して覚えられるように、じっくりと説明していきます。

相互リンク募集中!お気軽にご連絡下さい!


ご質問は以下のアドレスにお願いします。
jikkuri_boki@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。