スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第2回】 BS ~会社の財産がわかる書類~

じっくり簿記 3級 



【第2回】「BS ~会社の財産がわかる書類~」





こんにちは。たいちろうです。
前回、簿記とは何か、何のために必要なのか、簿記が知っているとどう役立つのかということについて話しました。

自営業をやるつもりもないし、経理をやりたい訳でもないから自分に簿記は必要ないと思っていても、サラリーマンとして管理職を目指すのであれば避けては通れない道であるということがわかって頂けたかと思います。

今回は貸借対照表(BS)について説明しようと思います。


このBSと、次回で説明するPLを作成することが簿記の手続きのゴールとなっており、これを銀行などの外部に公開することになるので、BSとPLは簿記を学ぶ上でもっとも重要な要素と言っても過言ではありません。

今回から、簿記3級の学習に直接関係のない豆知識や余談などの文章は青色で表示することにいたします。もし、時間が無くて要点だけを掴みたいときなどは、この青色の文章は読み飛ばしても差し支えありません。

BSとは
BSとはバランスシート(Balance sheet)の略語であり、日本語では「貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)」と言います。


簿記の教本などでは必ず「貸借対照表」で紹介されますが、出てくる頻度が高い用語であり、いちいち「貸借対照表が・・・」などと言うのは煩雑であるため、実務ではBS(ビーエス)と呼ぶことが主流です。


当ブログでも、「貸借対照表」ではなく「BS」と呼ぶことにしますが、簿記の試験問題などでは「貸借対照表」で表示されるのでその呼び方だけは覚えておいてください。


BSは会社に何円の資産があり、何円の負債があるか、すなわち財政状態をあらわす表です。
四角いボックス図で表され、三つのゾーンに分かれています。


第二回①



ボックスの左側に入るのが「資産」、右上にあるのが「負債」、右下にあるのが「純資産」です。

このBSの三項目の名前と場所は暗記する必要があります。

なぜ、資産は左側にあるのか、どうして負債は右上に、純資産は右下にあるのか、という質問に対しては「そう決まっているから」としか言えません。簿記の形式、ルールとして覚えてください。

さて、このBSは具体的に何を表しているのでしょうか。
とある設立したばかりの会社を実例に考えてみましょう。


例題2-1 会社員のAさんは起業して、飲食店を開業した(株式会社として設立。社名は「株式会社A」)。
開業にあたり、自分の貯金1,000万円の他に、銀行からの3,000万円の借り入れを元手にしている。
Aさんは2,000万円で店の建物を購入し、1,000万円で必要な備品をそろえた。
残りの1,000万円は現金(預金)のままである。



さて、この株式会社Aの財政状態(どんな資産がいくらあるか等)を図で表してみましょう。
とりあえず、どんな形式でもよいので、適当に思い浮かべてください。
様々な事象があって、わかりやすい形にするのは難しいと思います。


そこで、この事象をBSの形式にすると、株式会社Aのステータスが一目でわかるようになります。
    
       
第二回②

(合計)(4,000)          (4,000)


(Aさん自身が出した1,000万円の出資金は純資産の中の「資本金」という科目になります)


まず、BSの右側から見てきます。

このBSの右側を見れば「株式会社Aは、3,000万円の借入があって、Aさん自身の出資は1,000万円で、合計4,000万円を会社経営の資金にした」ということがわかります。


理論的な話になりますが、BSの右側は「どんな方法でお金を調達したか」を表しています。
この例の場合、株式会社Aは借入という方法で3,000万円、自己資金(資本金)という方法で1,000万円調達していることを表しています。


さらにBSの左側を見ると「(借り入れ3,000万円と自己資金1,000万円という方法で手に入れた)合計4,000万円の資金は、1,000万円の現金預金と2,000万円の建物と1,000万円の備品という形になっている」ということがわかります。


BSの左側は、右側の調達方法により手に入れたお金が、今現在、何になっているか、すなわちどのような形で運用されているかを表しています。右側の調達方法により手に入れたお金を、左側の資産の形で保有しているということなので、
BSの右側の合計金額と左側の合計金額は必ず一致します。もし一致しないようなことがあったら、それはどこかの計算が間違っています。

資産、負債、純資産の定義をそれぞれ簡単に述べておきます。正確な定義ではありませんが、簿記3級ではこの認識で問題ありません。(暗記する必要はありません)


資産:現金預金や、土地建物などの不動産、売掛金(売上のお金を後で受け取る権利)などの「財産」を表すもの

負債:借入金や買掛金(仕入れのお金を後で支払いする義務)など、現金預金を誰かに対して支払わなければならないもの

純資産:資産から負債を引いた金額(簿記3級では 純資産=資本金)


では、BSの形式に慣れるために、下記の問題についてBSを作ってみましょう。
といっても、問題を読んで、BSを頭の中で思い浮かべるだけで大丈夫です。例題を参考にすればそう難しくありません。



練習問題2-1 
Bさんは自分の貯金500万円と銀行から4,000万円の借り入れをもって、B商店を開業した。
Bさんは500万円で倉庫と、1,500万円で倉庫にかかわる土地を購入した。また、現金預金のうち、1,500万円を当座預金に入金した。
(使用する科目 倉庫→「建物」、土地→「土地」、当座預金→「当座預金」、それ以外の預金→「普通預金」) 

(「例題」は最初から解答を見て、パターンを覚えるための問題です。
「練習問題」は今までの知識を用いて、解答を考えて頂くことを推奨します)

<練習問題2-1 解答>
B商店のBS (単位:万円)

第二回③


(合計)(4,500)            (4,500)


土地、建物、借入金、資本金は例題と同じように、資産・負債・純資産の該当する場所に入れてください。


今回新たに出てきた「当座預金」ですが、これは商売で使用する資金決済用の口座です。
この口座は普通預金と違い、利息はつきませんが、その代わり「小切手」や「手形」という決済方法を利用することができます。(小切手、手形は別の回で説明します)


ちなみに、現金、普通預金、当座預金等を合算して「現金預金」という科目を使うこともあります。問題分に使うべき科目の指示があるので、必ずそれに従って解答するようにして下さい。
簿記検定では、金額が合っていても、問題の指示通りの科目を使用しないと不正解になってしまうので注意が必要です。




練習問題2-2
Cさんは友人から3,000万円の出資を募り、また銀行から2,000万円の借り入れをして株式会社Cを設立した。資金はすべて普通預金口座に入っている。



<練習問題2-2 解答>
株式会社C BS(単位:万円)

第二回④



今までの例題や練習問題では、出資金(資本金)はすべて自己資金でした。
この問題では友人たちから出資を募っていますが、このように、他人から出資してもらう場合でも自己資金と同じく資本金となります。


会社を作って商売をしたい、だけど手持ちのお金が無い。
だから他の誰かからお金を出してもらう、それが出資してもらうということです。

出資は借入と違い、原則として後でお金を返すという必要がありません。
もし会社が倒産したら、出資したお金が無駄になるリスクがあります


お金を出す側は、出資ではなく貸付(会社から見たら借入金などの負債)にした方が、お金が返済されることが約束されているし、利息も受け取れるので、リスクが少なくて良いのではと思われるかもしれません。


しかし、出資は貸付と違い、配当を受け取ることができるというメリットがあります。
出資者がお金を出資し、会社はそのお金を元手に商売をし、利益を獲得します。
そしてその利益は出資者に分配されるのです。これは会社が存続する限り半永久的に行われます。
受け取った配当金の累計が出資金より大きくなれば、この出資は成功したことになります。


会社にとって、借入金は返済しなければならないものですが、返し終わればそれで終了です。
利息もそれ以上払う必要はありません。

一方、資本金は返済の必要が無く、利息も発生しない代わりに、半永久的に配当をしなければなりません。
もちろん、利益が出ていなければ配当ゼロも可能ですが、経営者はそのような経営成績となった責任を出資者から追及されるでしょう。


資金調達の方法としての負債と資本(BSの右側)はこのような違いがあるのです。


以上、BSの構造を説明しました。理論的な部分も少し説明しましたが、結局のところ、以下の点だけ覚えて頂ければ、他のことは忘れても問題ありません。


・会社の財政状態(財産や負債がいくらあるか)を表す書類を「BS」という
・BSには「資産」「負債」「純資産」という項目がある
・それぞれ、資産は左側、負債はBSの右上、純資産は右下にある



青色の文章(余談の部分)は頭に入ってこなければ無視してください。


次回は、BSと対をなす重要な決算書である「PL」の説明をしようと思います。

↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ



「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。

以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html


スポンサーサイト

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たいちろう

Author:たいちろう
簿記検定に合格するための講座です。
簿記の仕組みを理解して覚えられるように、じっくりと説明していきます。

相互リンク募集中!お気軽にご連絡下さい!


ご質問は以下のアドレスにお願いします。
jikkuri_boki@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。