スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第63回】決算手続(19)「帳簿の締め切り」

じっくり簿記 3級
【第63回】決算手続(19)  「帳簿の締め切り」



こんにちは。たいちろうです
長かった簿記3級講座もようやく最終回となります。
今回は決算の最終手続きである「帳簿の締め切り」を解説いたします。

帳簿の締め切りとは
今まで仕訳、総勘定元帳、試算表、精算表、BS,PL等、様々な手続きを行いましたが、決算の最後に、「当期の帳簿(仕訳)はこれで終わり」「これ以上帳簿に書き込まれることはない」ということを示す必要があります。
これを「帳簿の締め切り」と呼びます。

帳簿の締め切りにはPL(損益)科目の締め切りとBS科目の締め切りがあり、それぞれ処理が異なります。

PL(損益)科目の締め切り方法
前回(第63回)で使用した損益計算書の科目をもとにPL科目の締め切りを解説します。
第63回1



このPLにおいて、各科目の総勘定元帳は以下のようになっていると仮定します。
(総勘定元帳については第32回を参照ください)
(正式な総勘定元帳ではなく、借方・貸方の金額だけの簡便的な「T勘定」で表記します)
第63回2



これらのそれぞれの総勘定元帳(T勘定)について、すべての科目の残高を「損益」という勘定科目に振り替えます。
第63回3


仕入の借方の残高262,000円について、貸方に262,000円、同額を損益勘定に振り替えます。
他の科目も同様に、貸借逆の側に損益勘定を計上します。
こうすることで、すべてのPL科目の残高が損益勘定に集約されていきます。

それぞれの損益への振替を仕訳で表すと

損益 262,000 / 仕入 262,000
損益 30,000 /支払利息30,000
損益 3,100 /貸倒引当金繰入3,100
損益 50,000 /減価償却費50,000
売上 450,000/損益 450,000

となります。

そして、以下が「損益」勘定のT勘定です。
第63回4



ちなみにこの損益勘定はPLとほぼ同じものになります。
(PL項目を集計したものが損益勘定なので当然ですが)
第63回5


損益勘定とPL(損益計算書)の違うところは、「当期純利益」の部分です。
PLにおいて収益から費用を引いた差額は利益(当期純利益)ですが、
損益勘定において、収益から費用を引いた差額は「資本金」になります。

第63回6

PLにおける「当期純利益」の金額104,900円が、損益勘定において「資本金」となっているのがわかると思います。

一方の資本金のT勘定は以下のようになります。
(元々100万円の資本金があったと仮定します)
第63回7


仕訳で表すと

損益 104,900 / 資本金 104,900

上記の仕訳の通り、資本金が104,900円増加します。

前回(第62回)のBS,PLの作成において、当期純利益が104,900円発生している場合のBSは以下のようになっていました。
第63回8



純資産の部分に「資本金」100万円と、「当期純利益」104,900円があると思います。

これについて、今回の帳簿の締め切りにおいて、「損益を資本金に振り替える」手続きを行ったことで、BSが以下のように変わります。
第63回9


資本金が1,000,000円から1,104,900円になっています。

このように、簿記3級においては、利益は最終的に「資本金」に含まれるようになります。

(ちなみに「簿記3級においては」というのは、利益を資本金に振り替えるという処理は簿記3級だけであり、2級以上では別の科目(繰越利益剰余金)に振り替えることになります)

各科目のT勘定から損益勘定へ、損益勘定から資本金へ振り替えを行ったら、PL科目の手続きは終了です。最後に帳簿の下側に二重線を引いて帳簿を締め切ります。
第63回10




BS科目の締め切り方法
BS科目の締め切りの手続きはシンプルです。
それぞれの科目の残高をT勘定の反対側に「次期繰越」と記載し、二重線を引いて帳簿を締め切るだけです。

以下、BSの各科目の残高を「次期繰越」に振り替えたT勘定です。
第63回11




以上で簿記3級の解説を終わります。

皆様、長い間お付き合いいただきましてありがとうございます。

2014年の2月から始め、簿記3級の最後まで終わったのが2016年。
毎週更新と言いながら途中で何度も更新が止まってしまい、簿記3級だけで2年以上かかってしまいました。
最初の方から読んでいる方の中には3級はすでに合格されていて、2級、1級に挑戦、合格している方もいるかもしれません。

WEB上で簿記を詳細に解説していくことについてこれほどの労力がかかるとは思ってもみませんでした。

今後簿記2級を解説していく予定であり、3級の何倍もの分量があるものを解説していくのに一体何年かかるか想像もできませんが、少しづつ更新していこうと思います。


たいちろう


↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ

「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html
スポンサーサイト

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

02 | 2016/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たいちろう

Author:たいちろう
簿記検定に合格するための講座です。
簿記の仕組みを理解して覚えられるように、じっくりと説明していきます。

相互リンク募集中!お気軽にご連絡下さい!


ご質問は以下のアドレスにお願いします。
jikkuri_boki@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。