スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第8回】現金関連④ ~「小口現金」~

じっくり簿記 3級

【第8回】 現金関連④ 「小口現金」



こんにちは。たいちろうです。

今回は、現場の社員に現金を渡して後で使った経費分を精算する「小口現金」を解説いたします。
現金関連の解説は今回で最後となります。

日商簿記3級の試験の第一問は仕訳を書かせる問題になっています。(今までの本講座の例題や問題の形式と同じです) 

そこで、現金過不足や当座借越、小口現金などが出題されます。
第一問は小問5つに分かれており、各4点×5問で、第一問を全部正解できれば20点を稼ぐことができます。
第一問の仕訳問題では、使用できる科目が列挙されていますので、わからなくてもある程度科目の名前から予想することも可能ですが、逆に紛らわしい科目が並べられている引っ掛け問題もあるので注意してください。

小口現金とは
小口現金(こぐちげんきん)とは、営業担当などの現場の社員が業務で使用するために渡しておく現金のことです。

通常、社員が業務において経費を使ったら、経理部にその都度、経費を請求します。
そして、経理部は現金を支払い、仕訳を切ります。


しかし、規模の大きい会社で大量の経費精算が毎日届くような場合、いちいち現金の金庫からお金を取り出して支払いの手続きをしたり、その仕訳などをしていたら、それだけでかなりの時間がかかってしまい非効率です。


そこで、現場の特定の人(営業事務や管理職など)に一定の金額を渡しておき、社員はその人に経費を請求して、お金を受け取るという小口現金システムが採用されます。


そして、小口現金の担当者は経費の内容や使った日を記録しておき、月末にその明細を経理に渡します。
こうすることで、経理は社員全員に個別に経費精算する手間を省き、さらに1ヶ月分の経費の仕訳をまとめて切ることができるようになります。


このように、経理業務の効率化などを目的として小口現金は利用されます。

ちなみに、上述の例のように小口現金を前渡しして後でまとめて精算する方法を定額資金前渡法(インプレストシステム)と呼び、小口現金を管理する人を小口係もしくは用度係と呼ぶそうですが、簿記検定の学習では覚える必要はありません。



小口現金の会計処理
小口現金は現金と同じく資産です。よって仕訳では、増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。


小口現金増加の仕訳
(借方) 小口現金 ×× / (貸方)・・・・




小口現金減少の仕訳
(借方)・・・・/(貸方)小口現金 ××



例題8-1 経理部はA事業部の小口現金管理担当者に、小口現金として100万円を現金で手渡した。

例題8-1   解答  (借方)小口現金 100 / (貸方) 現金 100 (単位:万円)

小口現金が100万円増加しているので、借方に小口現金を計上します。
また、現金を手渡している、すなわち現金が減少しているので、現金を貸方に計上します。

つまり、現金が小口現金に置き換わったと考えることができます。

小口現金を渡す前のBSは以下の通りです。(現金を500万円所持していると仮定)

第八回①
 


小口現金を担当者に渡した際の仕訳を反映させると以下のようになります。

第八回② 



現金が100万円減り、小口現金が100万円増えています。

当然ですが、小口現金も現金であることには変わりません。
会社内の経理にあった現金を事業部の担当者に渡しただけで、現金が「小口現金」という特殊な貨幣に変化した訳ではありません。

これは、単に、BSを見れば経理部の金庫で保管している現金(=現金)と、事業部に渡してある現金(=小口現金)がそれぞれいくらあるのかを把握できる、というように管理のために分けているだけです。


例題8- 2 A事業部の小口現金管理担当者は100万円の小口現金を管理している。
事業部の営業社員より、交通費2万円を精算したいとの申請があったため、社員に2万円を渡し、その記録をした。
仕訳が発生しない場合は「仕訳なし」とする。
(使用する科目:旅費交通費、小口現金) 

例題8-2  解答 仕訳なし


現場の社員が小口現金で経費を精算した場合は「仕訳なし」となります。

仕訳を切るのは経理担当者であり、現場の小口現金管理者がいくら使用したという情報を経理担当者に渡さない限り、経理担当者は把握しようがなく、仕訳を切ることができません。


例題8-3 A事業部の小口現金管理担当者は経理担当に対し、今月の小口現金の使用状況を報告した。内容は次の通りである。交通費20万円、会議の際の弁当/お茶菓子代5万円、切手や荷物の郵送の代金15万円。(使用する科目:旅費交通費、会議費、通信費、小口現金)
なお、当初預かっていた小口現金は100万円である。


例題8-3 解答  (借方)旅費交通費 10 / (貸方) 小口現金 40
(借方) 会議費 5 /
(借方)通信費 15 /               (単位:万円)

経理担当が小口現金管理担当者から、今月の小口現金の使用の報告を受け、仕訳を切る場面です。

現場社員が使用した経費を小口現金から払い出した、ということが分かったため、払い出した金額合計分、小口現金の減少すなわち貸方に小口現金を記入します。


また、払い出したお金は会社の費用であるので、費用の発生すなわち借方に費用を記入します。
ちなみに、切手代は通信費という科目になります。


BSは以下の通りになります。
仕訳を切る前のBS
第八回③ 
仕訳を反映させた後のBS
第八回④ 


小口現金を40万円払い出したという仕訳を切っているので、小口現金は残り60万円になっています。
ちなみに、費用が出てきているので、一応PLを作成すると以下のようになります。
第八回⑤ 

BSの借方である小口現金が40万円減り、同額がPLの借方の費用になっていることがわかります。


例題8-4 経理担当者はA事業部の小口現金管理担当者に対して、小口現金の補充として40万円を現金で手渡した。なお、補充する前にA事業部が持っている小口現金は60万円である。

例題8-4 解答  (借方)小口現金 40 / (貸方)  現金 40 (単位:万円)


事業部において小口現金が使用され減少したため、補充をしている仕訳です。小口現金を渡した例題1と同じ仕訳になります。この小口現金の補充により、小口現金の残高は100万円になります。BSは次の通りです。

第八回⑥ 



さて、それでは実際に小口現金の問題を解いてみましょう。


練習問題8-1 経理部はB事業部の小口現金管理担当者に、小口現金として100万円分の小切手を渡した。



練習問題8-1 解答  (借方)小口現金 100 / (貸方) 当座預金 100 (単位:万円)

例題8-1と同じく、現場担当者に小口現金を渡している仕訳なので、小口現金を増加させています。
しかし、現金ではなく小切手を渡しているため、当座預金の減少となっています。


担当者はこの後、銀行にて現金に換金して使うことになります。
これはネットバンキングが無い時代に、遠く離れた支店に小口現金を渡すには小切手を郵送し、受け取った担当者が銀行に行って現金化するという方法をとっていたという状況であったからだそうです。

オンラインの送金ができる現代では、あまり馴染みがない仕訳であり、不自然に感じてしまうかもしれませんが、簿記検定の問題ではよく出てくるケースなので仕訳は切れるようにしておきましょう。


練習問題8-2 B事業部の小口現金管理担当者は経理担当に対し、今月の小口現金の使用状況を報告した。
内容は次の通りである。

交通費35万円、会議の際の弁当/お茶菓子代10万円、切手や荷物の郵送の代金20万円
(使用する科目:旅費交通費、会議費、通信費、小口現金)

また、経理担当は直ちに使用された金額と同額の小切手を渡し、小口現金を補充した。


練習問題8-2 解答 (借方)旅費交通費 35 / (貸方) 当座預金 40
    (借方)会議費       10 /
         (借方)通信費        20 /               (単位:万円)


基本的には例題3と同様に、使用した費用を計上しています。
しかし、例題3との違いは「直ちに使用された金額と同額の小切手を渡し、小口現金を補充した」という1文があることです。

これにより、貸方が小口現金ではなく当座預金となっています。


これは、①小口現金の精算により小口現金を減らしたという仕訳と、②小口現金を補充するため小切手を振り出した(当座預金を減らす)という仕訳を合体させているためです。

具体的には例題8-3と例題8-4の仕訳を合体させているようなものです。

本問に照らし合わせると、①の仕訳は

(借方)旅費交通費 35 / (貸方) 小口現金 40
(借方) 会議費    10 /
(借方)通信費       20 /               (単位:万円)


となり、②の仕訳は

(借方)小口現金 40 / (貸方) 当座預金 40

となるはずです。

この①と②の仕訳を合体させて表示すると以下のようになります。(③)

(借方)旅費交通費 35 / (貸方) 小口現金 40
(借方)会議費 10          /
(借方)通信費 20          /                
(借方)小口現金40       /(貸方)   当座預金 40        (単位:万円)

③の仕訳において、小口現金が借方と貸方に同額出ています。この部分を省略します。

(借方)旅費交通費 35 / (貸方) 小口現金 40
(借方)会議費 10  / 
(借方)通信費 20  /                
(借方)小口現金40 / (貸方)当座預金 40        (単位:万円)

よって最終的に解答の仕訳

(借方)旅費交通費35 / (貸方) 当座預金 40
(借方)会議費 10 /
(借方)通信費 20 /                    (単位:万円)            
となります。


もちろん、合体させない仕訳でも間違いではありません。
ただ、簿記検定などでは解答の記入スペースが、仕訳を合算させないと書き込めない大きさになっていたりする場合があります。

「直ちに~した」などの文言がある場合は仕訳を省略できるかどうか考える必要があります。

以上で、小口現金の解説を終わりとします。

小口現金の要点は以下の通りです。

・小口現金は資産。増加は借方、減少は貸方。
・経理担当に、使用した小口現金の明細が届いたときに、小口現金の減少及び費用の計上が行われる。
((借方)費用 ××/(貸方)小口現金 ××の仕訳)
・「直ちに補充した」等の文言があった場合、仕訳において、精算による小口現金の減少と補充による小口現金の増加の仕訳が省略され、
(借方)費用 ××/(貸方)現金(or当座預金など) ××
という仕訳になる。


これにて現金関連の講座は終了となります。

次回以降は、商売における取引の中核である「商品売買」を解説いたします。


↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ



「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html
スポンサーサイト

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

【第7回】現金関連③ ~「当座借越」「当座預金」~

じっくり簿記 3級


【第7回】 現金関連③ 「当座借越」「当座預金」

こんにちは。たいちろうです。

前回、当座預金について学習しました。
今回は当座預金を利用するメリットの一つである、当座借越について解説します。


当座借越 ~残高が足りなくても銀行が立替えてくれる~
当座預金は支払専用の口座であり、取引先が小切手を銀行に持っていくことで、当座預金口座から支払われます。

しかし、会社によっては多数の取引があり、当座預金口座の出入りが多い場合、一時的に当座預金口座の残高がマイナスになることがあります。

ご存じと思いますが、普通の預金口座であれば、残高がマイナスになることはありえません。
(公共料金等の引落の際に、残高が足りなければ引落自体が起こりません)


当座預金の残高がマイナスとはどういう状態なのでしょうか。
それは足りない金額を銀行が立て替えてくれているという状態です。
この状態を「当座借越(とうざかりこし)」といいます。


もし口座の金額が不足し、取引を決済できない(=不渡り)ということになれば会社の信用が大きく傷つきます。

そして、不渡りを6か月以内に2回起こしてしまうと、銀行取引停止処分を受けてしまいます。
これは当座預金の取引や融資ができなくなる処分です。
当座預金を使えなくなるということは、取引ができなくなるということと同義です。
取引ができない会社など存在する意味がなく、この状況は事実上の倒産状態となります。


当座借越の契約を銀行と結んでおくことで、そういった事態になることを防ぐことができます。
当座借越を利用できる金額は会社次第であり、信用力のある会社ほど、当座借越の利用限度額は大きくなります。

ちなみに、「当座借越」という言葉は会社の側から見たときの言葉であり、銀行では「当座貸越(とうざかしこし)」と呼ばれています。

銀行員の担当者が会社の人に説明するときも当座貸越と言うため、実務ではそう呼ぶ人も多いですが、簿記は会社の側から見た事実を表すものであるため、当座借越と呼ばないと不正解になります。

仮に、当座預金口座の残高が0円であるときに、取引先が10万円の小切手を銀行に提示したら、銀行がその10万円を立替えて支払ってくれます。
そして口座残高は10万円のマイナスという状態になり、これが当座借越の金額になります。

当座借越の仕訳 <一勘定制と二勘定制>
当座借越の仕訳を解説していきます。
当座借越の仕訳には一勘定制二勘定制の2種類があります。

まず、二勘定制から解説します。

<1>二勘定制
二勘定制は、当座預金の取引について、

・当座預金の残高があるとき「当座預金」という科目
・当座預金の残高がマイナスになったとき「当座借越」という科目

を使用する方法です。

当座預金当座借越という二つの勘定科目を使うため、二勘定制といいます。
前回(第六回講座)における例題や問題の解答の仕訳はすべてこの二勘定制で切られています。

以下の仕訳を二勘定制で切ってみましょう。

例題7-1 現金100万円を当座預金に預け入れた。

例題7-2 80万円の商品を仕入れ、小切手を振り出して支払った。取引前の当座預金には100万円の残高がある。

例題7-3 120万円の商品を仕入れ、小切手を振り出して支払った。取引前の当座預金には100万円の残高がある。


(単位:万円)
例題7-1 解答 (借方) 当座預金 100 / (貸方) 現金 100 

例題7-2 解答 (借方) 仕入 80 / ( 借方) 当座預金 80 

例題7-3 解答 (借方) 仕入 120 / (借方) 当座預金 100 
                                                     /(借方) 当座借越 20



例題7-1は前回の講座で解説した、当座預金口座に入金するときの仕訳と同じですので解説は省略します。
例題7-2も前回の解説と同様です。仕入という費用が計上され、対価として当座預金が減少しています。

ちなみに例題7-2の取引前のBSは以下のようになり、(現金は省略しています)

第七回① 

取引後のBSは以下のようになります。

第七回② 

仕入の対価として、小切手を80万円振り出しているので当座預金が80万円減少し、残高は20万円になっています。

さて、例題3の仕訳ですが、当座預金の残高は100万円であるのに対して、120万円の支払いを行っています。

そのため、当座預金口座から支払できるのは100万円までであり、残り20万円分については銀行に立て替えて支払ってもらう、すなわち当座借越になります。

この20万円分の当座借越は一時的に銀行に立て替えてもらっているだけであり、いずれは(当座預金口座に入金することで)返済しなければならない負債です。

負債はBSの貸方の項目であり、増加したら仕訳の貸方に、減少したら仕訳の借方に記載するという、資産とは逆の動きをするものでした。

例題7-3の仕訳の場合、当座借越という負債が20万円増加してることになります。
例題7-3の取引前のBSは以下のようになります。(例題2と同じものです)

第七回① 

例題7-3の取引の仕訳(下記)を反映させると以下のようになります。

(単位:万円)
(借方) 仕入 120 / (借方) 当座預金 100
/(借方) 当座借越 20
第七回③ 

取引により120万円の支払いが発生するため、100万円の当座預金の残高はすべて支払いにあてられ、さらに20万円の当座借越という負債が発生しています。

この当座借越は、いつまでに当座預金に入金をして返済する、という期限がさだめられています。

ちなみに、当座借越を返済(当座預金へ入金)するときの仕訳は以下の通りです。

例題7-4 当座借越が20万円ある。現金50万円を当座預金口座に預け入れた。



(単位:万円) 例題7-4 解答  (借方) 当座借越 20 / (貸方) 現金 50
                    (借方) 当座預金 30/


当座借越という負債が20万円ある状況で、50万円を当座預金口座に入金しています。
50万円のうち20万円が当座借越の返済に充てられ、残りの30万円が当座預金の残高として残るようになります。

入金後のBSは以下の通りです。(現金は省略しています)
第七回④ 


<2>一勘定制
一勘定制は、当座預金が増減する取引すべてに「当座」という勘定科目を使う方法です。

「当座」は、

当座預金が増えるときは仕訳の借方
当座預金が減るときは仕訳の貸方

に記載します。

二勘定制において「当座預金」「当座借越」という二つの科目を使い分けていたのを、「当座」という科目に統一した、シンプルな方法であると言えます。
その名の通り、当座という 一つの勘定しか使わないので「一勘定制」と呼ばれています。


以下の仕訳を一勘定制で切ってみましょう。

例題7-5 現金100万円を当座預金口座に預け入れた。

例題7-6 80万円の商品を仕入れ、小切手を振り出して支払った。取引前の当座預金口座には100万円の残高がある。

例題7-7 120万円の商品を仕入れ、小切手を振り出して支払った。取引前の当座預金口座には100万円の残高がある。

(単位:万円)
例題7-5 解答 (借方) 当座 100 / (貸方) 現金 100 


例題7-6 解答 (借方) 仕入 80 / (借方) 当座 80 

例題7-7 解答 (借方) 仕入 120 / (借方) 当座 120 


例題7-5と例題7-6は、例題7-1と例題7-2とほぼ同じです。
「当座預金」という勘定科目が、「当座」になっているだけです。

例題7-5は当座預金が増加しているので、借方に当座を計上し、例題6は当座預金が減少しているので、貸方に当座を計上します。

例題7-5および例題7-6の仕訳を切った後のBSは以下のようになります。

第七回⑤   


二勘定制の例題7-2の「当座預金」の科目が「当座」になっているだけで、結果は同じです。

例題7-7について、二勘定制の場合、当座預金の残高を超えて支払いが起こったとき、その超えた部分について「当座借越」の科目で計上していました。

しかし、一勘定制では、当座借越となっても、「当座」しか使いません。これは、BSを見るとわかりやすいと思います。

例題7-7の取引前のBSは以下の通りです。(現金は省略しています)

第七回⑥ 



例題7-3の「当座預金」が「当座」になっているだけです。


そして、以下の例題7の取引の仕訳を反映させたBSは次の通りです。

(単位:万円)

(借方) 仕入 120 / (借方) 当座 120 

第七回⑦ 

取引前には借方(資産)に100万円あった当座ですが、仕訳により貸方に120万円出ています。
借方(資産)にある当座の残高100万円は全額マイナスされ、さらに不足分20万円がBSの負債に記載されます。


これは結局、例題7-3のBSにおける「当座借越」という科目が「当座」になっているだけです。

つまり一勘定制では、

・「当座」がBSの借方(資産)にあれば当座預金の残高がある
・「当座」がBSの貸方(負債)にあれば当座借越がある

ということを示しています。

参考に、例題7-7の当座借越を銀行に返済した場合の仕訳は以下のとおりです。

例題7-8 当座借越が20万円ある。現金50万円を当座預金口座に預け入れた。


例題7-8 解答  (借方) 当座 50 / (貸方) 現金 50
(単位:万円)



当座借越が20万円ある状態で、50万円を当座預金に入金しているので、当座預金に30万円の残高があるようになります。

二勘定制と違い、一勘定制は当座預金の増減はすべて「当座」で処理するので、単純に借方に当座50万円と記入することになります。

当座借越が20万円ある状態(以下のBS)から

第七回⑧ 

解答の仕訳(当座50 / 現金50)が入ることにより、当座預金に30万円の残高が残るようになり、BSも以下のようになります。(現金は省略しています)

第七回⑨ 

先に述べたように、一勘定制では、「当座」が借方(資産)にあれば当座預金の残高を、「当座」が貸方(負債)にあれば当座借越の残高を示しています。

ここまで仕訳を切って、BSを確認したことでお気づきいただいているかもしれませんが、一勘定制も二勘定制も、科目の名前が違うだけで最終的な結果は同じになります。

例題7-2と例題7-6のBSを比較していただければわかりやすいと思います。
また、当座借越がある場合も違いは科目名だけです。

例えば、例題7-3のBSは以下の通りであり、

第七回③


例題7-7のBSは以下の通りです。
第七回⑦

二勘定制では、「当座預金」と「当座借越」を分けて使うのに対して、一勘定制ではどちらも「当座」で表示し、借方にあれば預金残高、貸方にあれば当座借越の残高であるという把握の仕方をします。

このように、一勘定制と二勘定制は、使用する科目の名前が違うだけで、仕訳の意味するものは同じであるということがお分かりいただけたでしょうか。

当座預金に関する講座は以上で終わりになります。
今回の要点は

・当座預金から支払が行われる際に、残高が足りないときは銀行が立て替えてくれる。
 そのことを「当座借越」という。

・当座預金の仕訳の方法は2種類(一勘定制と二勘定制)ある。

・一勘定制は当座預金の増減を全て「当座」という科目で処理する。
 当座預金が増えたら当座を借方に、減ったら当座を貸方に記入する。
 
・二勘定制は当座預金の増減は「当座預金」という科目を、当座借越の増減は「当座借越」という科目で処理する。
 当座預金は資産、当座借越は負債である。

となります。

次回の「小口現金」にて、現金関連の講座はラストとなります。


↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ



「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

【第6回】 現金関連② ~現金過不足(後)、「当座預金」~

じっくり簿記 3級


【第6回】 現金関連② 「現金過不足(後)」「当座預金」



 
こんにちは。たいちろうです。

前回学習した、現金過不足の続きを説明していこうと思います。
前回の内容をまとめると、以下のようになります。

・現金はBSの資産に属する科目。増えたら仕訳の借方に、減ったら仕訳の貸方に記入する。
・現金過不足はPLの収益・費用どちらにもなる科目。帳簿より実際の残高が少なかったら仕訳の借方(費用)、帳簿より実際の残高が多かったら仕訳の貸方(収益)に記入する。



原因不明の理由により、帳簿より実際の現金残高の方が少ない→損した=費用(借方)
原因不明の理由により、帳簿より実際の現金残高の方が多い →得した=収益(貸方)


という連想ができれば、現金過不足が費用なのか、収益なのかを判断できると思います。

現金過不足の原因がわかったとき
さて、前回は原因不明の理由で、帳簿上の現金残高と実際の残高が違うとき、現金過不足というPLの科目で帳簿の現金の残高を調整するということを説明しました。

今回は、この差額の原因が判明したらどう処理すればいいかを説明します。


例題6-1 帳簿の現金残高は200万円であったが、実際に現金を数えたところ195万円であったため、以下の仕訳を切り、現金残高を実際と一致させた。

  (借方) 現金過不足 5 / (貸方) 現金 5 (単位:万円)

しかし、上記の差異のうち2万円は会社のオフィスの電話代(科目:通信費)として支払ったものを記帳し忘れていたことが原因であったことがわかった。修正の仕訳を行いなさい。



解答 (借方)通信費 2 / (貸方) 現金過不足 2 (単位:万円)

まず、最初の5万円の現金過不足の仕訳を切った時点で、PLは以下のようになっています。

第六回①


現金過不足が費用(借方)として計上されています。(仕訳を切り、記帳することを「計上」と言います)
しかし、この現金過不足5万円の内、2万円は通信費として計上するのが正しいということが判明しました。
そこで、解答の仕訳

(借方)通信費 2 / (貸方) 現金過不足 2 (単位:万円)

を切ることで、借方に5万円計上されていた現金過不足が、2万円貸方に計上(=借方からマイナス)され、現金過不足の金額は3万円になります。また、新たに通信費を借方に計上します。この仕訳を反映させたPLは以下のようになります。

第六回②




これで、当初5万円あった原因不明の現金差異のうち、2万円が通信費で、3万円が不明なものであるという状況がPLに反映されるようになりました。



練習問題6-1 帳簿の現金残高は200万円であったが、実際に現金を数えたところ205万円であったため、以下の仕訳を切り、現金残高を実際と一致させた。

  (借方) 現金 5 / (貸方)現金過不足 5 (単位:万円)

しかし、上記の差異のうち3万円は保有している株式の配当金 (科目:受取配当金)として受け取っていたのを記帳し忘れていたことが原因であったことがわかった。修正の仕訳を行いなさい。



解答 (借方) 現金過不足 3 / (貸方) 受取配当金 3 (単位:万円)


最初の5万円の現金過不足を反映させたPLは以下のようになります。

第六回③


現金過不足が収益(貸方)として計上されています。
しかし、この現金過不足5万円の内、3万円は受取配当金として計上するのが正しいということが判明しました。
そこで、解答の仕訳

(借方) 現金過不足 3 / (貸方) 受取配当金 3 (単位:万円)

を切ることで、貸方に5万円計上されていた現金過不足が、3万円借方に計上(=貸方からマイナス)され、現金過不足の金額は2万円(貸方)になりました。また、新たに受取配当金(収益)を貸方に計上します。この仕訳を反映させたPLは以下のようになります。

第六回④



これで、当初5万円あった原因不明の現金差異のうち、3万円が配当金で、2万円が不明なままであるという状況がPLに反映されるようになりました。

現金過不足の決算時の処理
現金過不足は、帳簿と実際の残高の差異の原因がわかったら、正しい仕訳を切って修正します。

しかし、もし現金過不足の原因が年度の最後、つまり決算までに判明しなかったら
現金過不足が費用にあるときは「雑損失」現金過不足が収益にあるときは「雑収入」という科目に振り替えなければなりません。

現金過不足は原因が判明するまでに使用する仮の科目なのです。
現金過不足の原因は期末までにすべて突き止めて、あるべき正しい科目に修正しなければなりません。
調査した結果、どうしても原因がわからない場合に雑損失・雑収入という科目に振り替えることになります。

練習問題6-1において、現金過不足5万円の内、3万円については原因がわかったため、修正の仕訳を切りました。
残り2万円について、もし期末までに判明しなかった場合、決算時において、

(借方) 現金過不足 2 / 雑収入 2 (単位:万円)

という仕訳を切る必要があります。
決算の仕訳を反映させたPLは以下の通りです。

第六回⑤



現金過不足という科目は消え、雑収入として表示されるようになります。
もちろん、例題6-1の現金過不足の残高3万円の場合も、雑損失に振り替えなければなりません。仕訳は以下の通りです(PLは省略します)

(借方) 雑損失3 / 現金過不足 3 (単位:万円)


これにて、現金過不足の解説は終了です。
現金残高が合わないとき、現金の相手科目として使用すること、差異の原因が判明したら正しい科目に振り替えることができるようにしておいて下さい。

当座預金
当座預金とは、小切手による決済のための口座です。
取引の際に現金の代わりとして取引相手に小切手を渡し、相手が小切手を銀行に持っていくと、当座預金の口座から引き出されて相手に支払われます。

第5回の講座において、小切手を受け取ったときは現金として認識するということを述べましたが、今度は自分が小切手を発行して取引の相手に渡す側の処理を説明します。
ちなみに普通預金口座と違い、当座預金にお金を預けていても利息はつきません。


当座預金も現金と同様、資産です。

そのため仕訳においては、当座預金が増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。

当座預金増加の仕訳
(借方) 当座預金 ×× / (貸方)・・・・

当座預金減少の仕訳
(借方)・・・・/(貸方)当座預金 ××


小切手を取引相手に渡しても、当座預金に残高がなければ、取引相手が銀行に小切手を持っていってもお金を受け取ることができません。
そのため、支払いの手段として小切手を使うには、まず当座預金にお金を入金することが必要です。


例題6-2 現金50万円を当座預金口座に入金した。


例題6-2 解答 (借方)当座預金 50 / (貸方)現金 50 (単位:万円)


当座預金口座に入金したということは当座預金が増加しているので、仕訳の借方は当座預金です。

一方で、口座に入金したことで現金そのものは手元からなくなっています。
よって現金は減少しているので、貸方に計上されています。

現金が減って、同額の当座預金が増えている、つまり、現金から当座預金に振り変わったということです。
BSで表すために、仮に、当座預金に入金する前には、現金が80万円あったとします。

第六回⑥




これに、解答の仕訳を反映させると以下の様になります。

第六回⑦



現金50万円が減少して、当座預金に置き換わっています。
これで、支払いの手段として小切手を使えるようになりました。
さて、実際に取引をして小切手を取引先に渡した場合、以下のような仕訳になります。


例題6-3 商品20万円の仕入れ(科目:仕入)の代金として、小切手を振り出した。

例題6-3 解答 (借方)仕入 20 / (貸方) 当座預金 20 (単位:万円)


仕入は費用の項目ですので、発生したら借方に記帳します。
小切手を取引相手に渡すということは、当座預金が減少するということなので、仕訳の貸方に当座預金が記帳されます。


仕入れの代金として、小切手を振り出した(小切手を発行することを「振り出す」と言います)ということは、取引先は近い将来、この小切手を銀行に持っていって現金を受け取ることなり、その際に当座預金口座が減少するはずです。
そのため、小切手を渡したら、渡した時点で当座預金を減らす仕訳を切ることとなっています。


注意しなければならない点として、小切手を受け取った時の処理(第五回の講座)と、今回の小切手を先方に渡した時の処理が違うということがあります。


小切手を受け取った時は、現金を増加させると説明しました。
第5回の問題を再掲します。


練習問題5-4 A商店は株式会社Cに対し、1,000円を売り上げ、代金を小切手で受け取った。


解答 (借方)現金 1,000 / (貸方) 売上 1,000


一方で、小切手を相手に渡したら当座預金を減少させることになります。
今回の例題を再掲します。



例題6-3 商品20万円の仕入れ(科目:仕入)の代金として、小切手を振り出した。


例題6-3 解答 (借方)仕入 20 / (貸方) 当座預金 20 (単位:万円)


小切手は受け取ったときは現金、支払ったときは当座預金。間違えないよう注意してください。

練習問題6-2 売上30万円の代金として小切手で受け取った。
練習問題6-3 売上30万円の代金として小切手で受け取ったが、ただちに当座預金口座に預け入れた。


練習問題6-2 解答 (借方)現金 30 / (貸方) 売上 30 (単位:万円)

第5回の問題とほぼ同じ内容であるため解説は省略します。

連取問題6-3 解答 (借方)当座預金 30 / (貸方) 売上 30 (単位:万円)

簿記検定の問題では、受け取った小切手について「ただちに当座預金に預け入れた」という文言が入ることがあります。
いったん、売上代金として小切手を受け取ったことを表す仕訳は

(借方)現金 30 / (貸方) 売上 30

であり、さらにその小切手を銀行に提示して当座預金に入金してもらう際の仕訳は

(借方)当座預金 30 / (貸方) 現金 30

となります。
しかし、解答欄に1行しか仕訳を書くスペースがないことがあります。
こういった場合は、小切手の受け取りとして現金が増加した後、当座預金への入金により同額の現金が減少したということを省略して、いきなり当座預金が増えたという仕訳(解答の仕訳)にできます。


練習問題6-4 会社の文房具やトイレットペーパーなどの消耗品(科目:消耗品費)を10万円分購入し、代金として小切手を振り出して支払った。


練習問題6-4 解答 (借方)消耗品費 10 / (貸方) 当座預金 10 (単位:万円)

小切手を振り出しているので、当座預金の減少となります。消耗品費は費用ですので、借方に計上します。



今回の講座は以上です。要点をまとめると、

・現金過不足の原因が判明したら、正しい科目に振り替える仕訳を切る。
・期末までに現金過不足の原因が判明しなかったら、雑損失または雑収入に振り替える。
・当座預金は現金と同じく資産。仕訳は、増えたら借方に、減ったら貸方に計上する。
・取引の際に小切手を相手に渡したら、当座預金を減らす(仕訳の貸方に当座預金)。小切手を受け取った時の処理(現金を増やす)との違いに注意。

ということになります。

特に、小切手を渡した時は当座預金の減少になるということは重要ですので、必ず覚えるようにしてください。

↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ



「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

【第5回】 現金関連①~現金と現金過不足~

じっくり簿記 3級


【第5回】「現金関連①~現金と現金過不足~」






こんにちは。たいちろうです。

前回、「仕訳」とは何か、その概要を説明しました。
今回から、個別の取引について、実際に仕訳を切って覚えていくことになります。


ちなみに、このブログは簿記の学習のテキスト的なものであり、実際の簿記検定に臨むためには、市販の問題集で反復練習する必要があります。

私のおすすめはTAC出版の「よくわかる簿記シリーズ 合格トレーニング」です。
問題数が多く、論点を網羅的に学習できます。

合格トレーニング 日商簿記3級Ver.6.0 (よくわかる簿記シリーズ)合格トレーニング 日商簿記3級Ver.6.0 (よくわかる簿記シリーズ)
(2011/11/01)
TAC簿記検定講座

商品詳細を見る


また解答用紙をTAC出版のホームページからダウンロードできるため、何度も復習できます。
この問題集をこなし、過去問を3~4回分解けば、合格間違いなしです。


さて、今回は「現金関連」についての仕訳を解説します。

現金以外のもの(小切手や当座預金)も説明します。
こまごまとした論点が多いため、現金や当座預金などの重要な部分以外は、軽く理解するだけで問題ないでしょう。


簿記上の現金とは
一般的に現金といえば硬貨や紙幣ですが、簿記の勘定科目としての「現金」はそれ以外にも、ほぼ現金とみなせるような価値があるもの(通貨代用証券)も含まれます。

以下に、簿記において現金として扱うものを列挙しますが、全部覚える必要はありません。
(②は理解して正しく仕訳を切れるようにしてください)


①紙幣、硬貨(外貨も含む)
②他人振出小切手
③郵便為替証書、配当金領収書、期限到来後の公社債利札、送金小切手、


①は覚えなくともわかると思います。
外貨も含みますが、簿記3級では外貨は出てくることは無いので気にしないでください。

③は、こんなものも現金として扱うんだな、程度の認識で大丈夫です。
郵便為替、配当金の領収書、公社債の利札、送金小切手など、実際に見たことがないとイメージが沸かないと思いますが、結局のところ、どれも銀行に持っていって現金と引換えてもらうものです。
なので、帳簿上では、これらを受け取った時点で、そこに記載されている金額を現金として認識してよいということです。

②の他人振出小切手(たにんふりだしこぎって)とは、その名の通り他の人が発行した小切手です。
小切手は取引の際に多額の現金を持ち運びするリスクを避けるため、現金の代わりに使用するものです。
受け取った小切手を銀行に持っていくことで現金化できます。
すなわち、小切手を受け取った=現金を受け取ったと認識できるのです。


②の他人振り出し小切手は取引先などが発行する小切手ですが、③の送金小切手は銀行が発行する小切手です。
つまり、②は取引先の口座に現金が無いと現金化できませんし、取引先が倒産したりすると紙キレになってしまいますが(小切手の不渡り)、③は銀行が倒産しない限りそういったリスクはありません。
単に名前が違うだけではなく信用度が違います。



小切手の取引は簿記検定の問題ではよく出てきます。
(まったく簿記検定に関係ない話で恐縮ですが)著者はインターネットバンキングが発達した現代において、小切手による決済のメリットを見出すことができません。
手書きの小切手の場合、数字を改ざんされるリスクもあり、また、形式不備で銀行から拒否されることもあるといいます。

簿記上は小切手を受け取った=現金を認識することになっていますが、実際には小切手を銀行に持って行ってから現金化するまで2日程度を要します。
さらに、わざわざ紙の小切手を先方に手渡しに行く、もしくは郵送しなければならないし、受け取った側も銀行に出向かなければならないという労力もかかります。

○日までに振込をするということを取引先と決めておき、インターネットで先方の口座に振込をすれば、上記のデメリットは全て解消できます。
振込手数料が数百円かかりますが、小切手による決済でも小切手帳の購入や、小切手の郵送代金などもかかるので、小切手がネット決済に勝る部分はないのでは、と思います。
 

さて、実際に現金にかかわる仕訳を説明します。
前回(第4回)の仕訳の概論の例題において、現金の増減を伴う取引を説明しましたので、復習になります。


現金はBSの中の資産の項目になります。


BS
第五回①

(借方)            (貸方)


よって、現金は借方に属する科目です。
そのため仕訳においては、現金は増加したら借方に、減少したら貸方に記入します。



現金の増加の仕訳
(借方) 現金 ×× / (貸方)・・・・

現金の減少の仕訳
(借方)・・・・/(貸方)現金 ××



第4回の例題でも解説しましたが、その科目が属する側(借方or貸方)とは反対側に発生した場合、その科目が減少したことを表します。
すなわち、資産(借方に属する項目)である現金が、貸方に出ている仕訳というのは、現金の減少を表します。

さて、ここで現金の増減にかかわる仕訳を解いてみましょう。

練習問題5-1 現金1,000円を借り入れた。(使用する科目:現金、借入金)
練習問題5-2 借入金1,000円を現金で返済した(使用する科目:現金、借入金)



練習問題5-1 解答 (借方)現金 1,000/(貸方) 借入金 1,000

借り入れにより現金が増加したので、借方に現金を記入します。
借入金は負債に属する科目であり、増加したら貸方、減少したら借方に記入するものです(現金と逆の動きをします)。
詳細は後の講座で解説します。


練習問題5-2 解答 (借方)借入金1,000/(貸方)現金 1,000

借入金を返済したことにより、現金が減少したので、貸方に現金を記入します。
借入金も減少しているので、借入金を借方に記入します。


練習問題5-3 A商店は株式会社Bに対し、1,000円を売り上げ、代金を現金で受け取った。
(使用する科目:現金、売上)
練習問題5-4 A商店は株式会社Cに対し、1,000円を売り上げ、代金を小切手で受け取った。
(使用する科目:現金、売上)



練習問題5-3 解答 (借方)現金 1,000 / (貸方) 売上 1,000


売上により、現金が増加しているので、借方に現金を記入します。
ちなみに、貸方の「売上」はPLの収益の項目、すなわち貸方の項目です。
よって売上が増加しているので、貸方に売上を記入します。


問題5-4 解答 (借方)現金 1,000 / (貸方) 売上 1,000

練習問題5-3の解答とまったく同じ仕訳になります。
受け取った小切手は、他人が発行した小切手、すなわち先述の②他人振出小切手になります。
よって、これは現金として認識することになります。


ちなみに、簿記検定の試験では、仕訳の問題において、本問のように使用できる科目が明示されていることがあります。(「使用できる科目:現金、売上」など)
しかし、その候補の中に紛らわしいフェイクが混じっていることも多いため注意が必要です。

例えば、練習問題5-4に使用できる科目として「現金、売上、小切手」が列挙されていたとします。
解答に必要な科目は「現金」と「売上」だけですが、

(借方)小切手 1,000/ (貸方) 売上 1,000

という風に引っかからぬよう注意してください。
上述のように、小切手を受け取ったら現金で処理すべきですし、そもそも「小切手」という科目は簿記にはありません。


実際の残高が帳簿と合わない「現金過不足」
帳簿を見ると「現金 200万円」と残高が記入されているのに、会社の金庫を実際に確認したら195万円しかなかったという場合のように、現金に関して帳簿の残高と実際の残高に原因不明の不一致があったとします。

どこかで帳簿の記載ミスがあったか、あるいは現金の紛失・盗難があったか、いずれにせよ現実に現金が足りないのですから、実際の残高を正しいものとして、帳簿を修正しなければなりません。

この時、現金残高を修正する仕訳の相手科目として「現金過不足」を使用します。



例題5-1 帳簿の現金残高は200万円であったが、実際に金庫の現金を数えたところ195万円であった。
帳簿上の残高を実際の残高に修正する仕訳を記述しなさい。



例題5-1 解答  (借方) 現金過不足 5 / (貸方) 現金 5 (単位:万円)

現金を減少させて、帳簿上の残高(200万円)を実際の残高(195万円)に合わせる仕訳です。
現金を減少させているので、仕訳の貸方に現金を記入します。
また、現金の相手科目として現金過不足を使用しています。

この状況をBSで解説すると以下のようになります。

解答の仕訳を反映させる前の帳簿(BS)
第五回②



帳簿上の現金残高は200万円です。ここに、解答の仕訳を反映させると、以下のようになります。

第五回③


帳簿上の現金が5万円減少し、実際の残高と一致するようになりました。
一方の現金過不足勘定はPLの科目です。
                 
例題のPL
第五回④
                         (借方)          (貸方)

原因不明の理由で現金が5万円少なくなっているということは、何かしらの支払いをしたが帳簿に記録するのを忘れていたか、紛失・盗難にあったかということが考えられます。
いずれにせよこの場合、現金過不足はPLの借方、すなわち費用として認識します。

PLで見ると、この現金過不足の5万円分、費用が多くなり、そのかわりに利益が5万円少なくなります。(収益-費用=利益)

例えば、収益が100万円で費用が0円の場合、利益は100万円ですが、この現金過不足という5万円の費用が生じることで、収益が100万円で費用が5万円、利益は95万円になってしまいます。



練習問題5-5 帳簿の現金残高は200万円であったが、実際に現金を数えたところ205万円であった。
帳簿上の残高を実際の残高に修正する仕訳を記述しなさい。



練習問題5-5 解答  (借方) 現金 5 / (貸方)現金過不足 5 (単位:万円)


帳簿より実際の残高のほうが多いという、例題5-1とは逆のパターンです。
多いにせよ、少ないにせよ、実際の残高を正しいものとして、帳簿を修正します。

帳簿には200万円と記載されているのに、実際に数えてみたら205万円あったということなので、
帳簿上の現金の残高を正しくするには、帳簿上の現金を5万円増加させる必要があります。

解答の仕訳を反映させる前の帳簿(BS)
第五回②


解答の仕訳を切ることにより、現金5万円が借方にプラスされます。

解答の仕訳を反映させた帳簿(BS)
第五回⑥

             



また、仕訳の貸方の現金過不足はPLの科目ですので、PLの貸方に現金過不足をプラスします。

練習問題5-5 PL
第五回⑤
      

例題5-1では現金過不足は借方、すなわち費用にありました。
しかし、今回は帳簿より、実際の現金残高のほうが多いというケースです。
売上を記帳するのを忘れていた等の原因が考えられるでしょう。

この場合、現金過不足はPLの貸方、つまり収益として認識します。
PLで見ると、この現金過不足分、つまり5万円分について、利益が増加することになります。


第4回の講座において、どういった科目がBS,PLのどの項目(資産、負債、純資産、費用、収益)に属するのか、覚えていく必要があると説明しました。

つまり、科目は原則として必ずBS,PLのどこかに属しているということです。

(ちなみにPLの「利益」に属する科目はありません。利益とは「収益-費用」の差額のことであり、PLの科目は必ず収益か費用のどちらかになります)

例: 現金→資産、借入金→負債、売上→収益

しかし、この現金過不足は例題5-1では費用として認識し、練習問題5-2では収益として認識されています。
このように、PLの両方(費用と収益)になりえる特殊な科目も、まれにあります。

また、BSの両方(資産と負債・純資産)になりえる科目もあります。



以上、今回は現金の増減と、現金過不足の仕訳を解説しました。

科目がどの項目に属しているか、覚えるのが煩雑になってくる頃だと思います。
資産、負債、純資産、収益、費用のどこに属しているか、科目ごとにすべて暗記するのは難しいと思います。

仕訳を切っていく内に自然に身に付くと思いますが、覚えるのであれば、BSの科目なのか、PL科目なのかだけを覚えておけば、その先は感覚でわかったりします。

例えば、現金はBS、ということだけ知っていて、資産か負債か不明であっても、現金はなんとなく資産な気がしますし(現金が負債というのはおかしい気がします)、売上がPLということを知っていれば、なんとなく収益ということがわかります。

あるいは「○○費」のようなものは明らかに費用とわかります。(例外もありますが)

次回は、引き続き現金関連の仕訳を説明いたします。今回覚えて頂いた事項は以下の通りです。

・現金はBSの資産に属する科目。増えたら仕訳の借方に、減ったら仕訳の貸方に記入する。
・現金過不足はPLの収益・費用どちらにもなる科目。帳簿より実際の残高が少なかったら仕訳の借方(費用)、帳簿より実際の残高が多かったら仕訳の貸方(収益)に記入する。


上記のことを理解していないと、次回の論点は理解できないので、今回の講座をしっかり理解して下さい。


↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ


「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

【第4回】 仕訳~簿記の根幹~

じっくり簿記 3級


【第4回】「仕訳~簿記の根幹~」





3級 第4回 仕訳~簿記の根幹~

こんにちは。たいちろうです。

前回までに、簿記の手続きのゴールである、PLとBSについて説明しました。
今回は、そのBSとPLを作るためのツール、「仕訳(しわけ)」を説明したいと思います。

仕訳は簿記の学習において、重要な手続きです。
仕訳を使いこなせるようになるには、とにかく慣れが必要です。何度も何度も仕訳を切って体に覚えさせましょう。
(仕訳を行うことを、「仕訳を切る」と表現します。仕訳をする際に伝票の冊子を切ることが語源のようです)


仕訳とは
仕訳とは、取引を帳簿に記入することです。
現実に起こった事実(取引)を、(簿記を知っている人であれば)誰もが一目でその内容を理解できるように、簿記のルールにそって記入します。


以前、BSとは何か、PLとは何かを説明する際、例題などで「建物を購入した」「商品を仕入れた」とか、「商品を売上げた」という取引があったかと思います。
その個々の取引を記録する行為が「仕訳」なのです。
そして個々の仕訳が積み重なり、最終的にBSやPLができます。

それでは、実際の仕訳を見ていきましょう。


例題4-1
以下の取引を仕訳で表しなさい
株式会社Aは現金2,000万円を支払い、建物を購入した。



例題4-1 解答  建物 2,000 / 現金 2,000 (単位:万円)



この解答にあるものが「仕訳」というものです。

真ん中に「/」(スラッシュ)を挟み、その左に「建物」、右に「現金」という言葉とともにそれぞれ2,000(万円)という金額が書いてあります。

簿記を知っている人がこの仕訳を見れば、「建物を現金2,000万円で買った」ということが一目でわかります。
(なぜ建物が左側にあって、現金が右側にあるかは後述します)
 
この仕訳を見ると左側(建物)と右側(現金)というように、この1つの取引が

「建物を取得した」 「会社の現金が減った(対価を支払った)」

という2つの事実で構成されていることがわかります。
このように1つの取引を複数の事実に分解して記録することが仕訳なのです。
 
先程から、仕訳の「左側」あるいは「右側」という言い方をしていますが、簿記では左側と右側を表すものとして別の呼び方があります。

簿記では左側のことを「借方」(かりかた)右側のことを「貸方」(かしかた)と呼びます。


ただ、借方は左、貸方は右というのは意識して覚えなくとも、簿記の全ての場面で、本当に100%の場面で出てくるものなので自然に覚えます。
慣れるまで、どちらが借方でどちらが貸方か戸惑うこともあると思いますので、それまでの覚え方として以下の図を参照にして下さい。




か「り」かた(借方)の「り」は矢印が左を向いているので左側
か「し」かた(貸方)の「し」は矢印が右を向いているので右側

わからなくなったらこのように思い浮かべてください。


なぜ「左側」「右側」ではなく、「借方」「貸方」と呼ぶのかは諸説あります。
一説によれば、福沢諭吉がアメリカの簿記の本を翻訳した際に、そのように訳したことからはじまっているそうです。
また、明治に銀行で簿記を採用する際に、銀行から見てお金を「借りる方」、銀行にお金を「貸す方」という分類で左右に分けていた、という事情もあるそうです。


ともあれ、現代の簿記においては借方と貸方は、それぞれ左側と右側を表すという以上の意味はありません
「借りる」とか「貸す」という漢字から、お金の貸し借りに関わる内容を連想してしまうかもしれませんが、全く関係ないので気にしないようにしましょう。


さて、例題の解説に戻ります。

建物 2,000 / 現金 2,000

という例題の仕訳について、なぜ建物が借方(左側)にあって、現金が貸方(右側)にあるかを説明します。
それを理解するには、今まで学習してきた、BSの項目の配置を思い出す必要があります。

BSでは、資産は左負債は右上純資産は右下でした。

今回説明した借方・貸方という言葉を使うのであれば、資産は借方負債と純資産は貸方ということになります。

これらの項目の配置を今一度、認識してください。

BS(貸借対照表)
第二回①
(借方)           (貸方)


例題の仕訳で使用されている「現金」と「建物」は資産、すなわちBSの借方にあるべき科目です。


たとえば、例題の前提条件として、株式会社Aが現金2,000万円のみを資産として持っている会社だとしましょう。
その場合のBSは次のようになります。(負債、純資産の項目は省略します)


             (借方)              (貸方)   (単位:万円)



このように、現金という科目は資産に属するものなので、現金は借方に入ります。
つまり今、BSの借方(資産)に現金2,000万円がある状況です。


ここから、例題4-1の「株式会社Aは現金2,000万円を支払い、建物を購入した」という仕訳を上記のBSに反映させてみます。

解答の仕訳 (借方)建物 2,000 / (貸方) 現金 2,000


まず、この仕訳の借方の「建物2,000」という部分に着目します。
建物は資産、すなわちBSの借方に属する科目です。



              (借方)              (貸方)

BSの資産に建物2,000が追加されました。

次にこの仕訳の貸方の「現金2,000」という部分に注目します。
先ほど、現金は資産、すなわち借方にあるべき科目であると説明しました。

しかしこの仕訳では現金が貸方に発生しています

この仕訳のように、その科目があるべき側(借方or貸方)とは反対側に発生した場合、その科目が減少したことを表します。

              (借方)              (貸方)

すなわち、資産(借方に属する項目)である現金が貸方に出ている仕訳というのは、現金の減少を表しているのです。


仕訳を反映させた、最終的なBSは以下の様になります。

第四回⑥
(借方)            (貸方)


現金が減少して0になり、建物2,000万円だけが残りました。

 (借方)建物 2,000 / (貸方) 現金 2,000

という仕訳は、貸方は「現金を2,000支払ったこと」を表し、借方は「建物を2,000で取得したこと」を表しているのです。


この仕訳のように、仕訳の借方と貸方の合計金額は必ず一致します。
この仕訳では借方・貸方それぞれに一つずつしか科目が入っていませんが、複数の科目が入る仕訳もありますので、借方の合計額と貸方の合計額が一致しているか、確認する必要があります。
(具体的な例は後の回で説明します)


ちなみに、BSやPL、仕訳などにおける「現金」や「建物」といった名称を表すものを
「勘定科目(かんじょうかもく)」と呼びます。(単に「科目」とも呼ばれます)


今まで、「現金」と「建物」という科目が資産であるという前提で話を進めてきましたが、どういった科目がBS、PLのどの項目(資産、負債、純資産、収益、費用)に属するものなのかは、たくさんの仕訳を切り、多くの科目を見ることで覚えていくほかありません。


それでは実際に仕訳にチャレンジしてみましょう。
問題文を見て頭で仕訳を思い浮かべられるのであれば、それで大丈夫ですが、慣れるためには紙に仕訳を書いたほうが良いと思います。


練習問題4-1 以下の取引を仕訳で表しなさい
株式会社Bは2,500万円の現金借り入れを行った。

使用する科目:現金(資産)、借入金(負債)


練習問題4-1 解答  (借方) 現金 2,500 / (貸方) 借入金 2,500 (単位:万円)



例題では現金も建物も資産でしたが、本問では「借入金」という負債の項目が出てきました。
借入金は負債なので、貸方に属する項目となります。

この取引は「現金(資産)が2,500万円増加した」という事実と「借入金(負債)が2,500万円増加した」という事実で構成されています。

まずは現金2,500万円が増加したという事実について、現金は資産、すなわち借方の項目であるので、増加したということを表すためには、仕訳の借方に記載します。

(借方) 現金 2,500 /(貸方) (後述)

そして、借入金2,500万円が増加したという事実について、借入金は負債、すなわち貸方の項目であるので、増加したのであれば、仕訳の貸方に記載します。


(借方) 現金 2,500 / (貸方) 借入金 2,500

これで仕訳が完成しました。問題の解答としてはこれで終わりですが、この仕訳がBSにどう影響するのかを解説いたします。

まず、問題文の取引を行う前のBSを作成してみます。
(BSを作成するため、前提として株式会社Bの資産は現金500万円のみ。負債は本問の借入金以外に無いこととします)


株式会社B BS (単位:万円)

(借方)            (貸方)


前提より、資産は現金500万円で負債はありません。純資産の情報はないため省略しています。

ここに、解答の仕訳

(借方) 現金 2,500 / (貸方) 借入金 2,500

を反映させます。

まず、借方に現金2,500万円とあるので、BSの借方の現金に2,500万円を足します。

第四回⑧
(借方)            (貸方)


元々あった500に、新たに借入れた2,500を合わせて、現金の残高は3,000万円になります。

次に、仕訳の貸方に借入金2,500万円とあるので、BSの貸方に2,500万円を足します。
借入金は負債の項目なので、BSの負債の場所に記入します。

第四回⑨
(借方)            (貸方)


これで問題の仕訳がBSに反映されました。

このBSから、この会社は現在、現金3,000万円を所持していて、その内2,500万円は借入が元手である、という財政状況がわかるようになります。


問題の解説は以上ですが、一歩進んで、ここからこの会社が借入金を500万円だけ返済した場合、どうなるかを考えてみましょう。

借入金を500万円、現金で返済した場合の仕訳は。

(借方)借入金 500 /(貸方) 現金 500

となります。

資産(借方項目)である現金は増加する時は仕訳の借方に記載していましたが、減少しているので、逆の貸方に記載されます。

一方で、負債項目(貸方項目)である借入金は増加する時は仕訳の貸方に記載していましたが、減少しているので逆の借方に記載されます。

これにより、「借入金が500万円減少する」「現金が500万円減少する」という事象が仕訳として記載されました。


この仕訳をBSに反映させた場合、以下のようになります。

まず、借入金が仕訳の借方に記載されており、(負債は増加したら貸方に足す項目なので、借方に出たら減少したという意味を表すため)貸方からマイナスします。

第四回⑩
(借方)            (貸方)


このように、借入金の残高が2,500から500減少して、2,000(万円)となっています。

そして現金が仕訳の貸方に記載されており、借方項目である現金のマイナスとして、BSからマイナスします。

第四回⑪
(借方)            (貸方)


これが、借入金を500万円だけ返済した株式会社Bの財政状況となります。
(現金2,500万円を所持していて、その内2,000万円は借入が元手である、という状況)


仕訳の原理は理解できましたでしょうか。

BSとPLの中の項目を借方・貸方に分類すると以下のようになります。

BS
借方項目:資産
貸方項目:負債、純資産

PL
借方項目:費用
貸方項目:収益


その科目がどの項目に属するのかということ、
そして、仕訳においてその科目が属する項目と同じ側に記載されれば増加、逆側に記載されれば減少を意味する、ということが理解できるようになれば、仕訳の原理を理解していると言っていいでしょう。


例えば、現金という科目は資産に属するものなので、仕訳において資産と同じ側(借方)に記載されれば増加、資産の反対側(貸方)に記載されれば減少を意味する、ということです。

現金の増加の仕訳
(借方)現金 100/(貸方)  (省略)

現金の減少の仕訳
(借方)(省略) /(貸方) 現金 100


以上、簿記の根幹をなす手続きである「仕訳」とは何か、その概要を説明しました。
そろそろ皆様も簿記のややこしさを感じてきていると思います。

どうやって仕訳を切ればいいのか、仕訳を切った結果、BS、PLがどうなるのか等をイメージできず、簿記の学習から撤退する方は多いです。

もし、今回の講座を読んでもいまいちピンと来ないのであれば、以下の3点だけ覚えてください。

・取引を帳簿に記入することを「仕訳(しわけ)」という。具体的には勘定科目と金額を記入することである。
・仕訳は、左側と右側に分けられており、左側のことを「借方」、右側のことを「貸方」と呼ぶ。
・仕訳の借方の合計と貸方の合計は必ず一致する。


これだけです。他の設問などは、仕訳の概念の理解を助けるための補足ですので、読んでも理解できなければ飛ばしてください。
3級講座を最後まで見終わった時に、もう一度この回を読んでいただければ、簡単に理解できると思います。


ちなみに本講座においては、仕訳がどのようにBS(およびPL)に影響するのかをイメージしやすいように、解説でBS(PL)を表示していますが、実際の仕訳においては、いちいちBSやPLを作成する必要はありません。
仕訳イメージが沸かないときだけ、BSやPLのボックス図を書いて、仕訳を当てはめてみると良いでしょう


次回より、様々な種類の取引に関する仕訳を説明していきます。
仕訳の種類が多く、すぐには覚えきれないかもしれませんが、仕訳が切れなければ簿記検定は絶対に合格できません。
何度も反復して仕訳を切って覚えましょう。

【補足】仕訳の説明で「真ん中にスラッシュ(/)を挟み」と述べましたが、スラッシュを入れないこともあります。
借方と貸方に分かれて、それぞれ科目と金額が記入されていれば仕訳となるのです。

↓読み終わりましたら、クリックをお願いいたします(ブログランキング)

経理・会計・税金 ブログランキングへ



「じっくり簿記」はメルマガとしても配信しております。
以下のページにてメルマガ読者登録して頂ければ幸いです(無料)。
http://www.mag2.com/m/0001618938.html

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

02 | 2014/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

たいちろう

Author:たいちろう
簿記検定に合格するための講座です。
簿記の仕組みを理解して覚えられるように、じっくりと説明していきます。

相互リンク募集中!お気軽にご連絡下さい!


ご質問は以下のアドレスにお願いします。
jikkuri_boki@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。